ぎっくり腰

お風呂は我慢!ぎっくり腰の激痛を悪化させるお風呂のワケは?

腰痛の場合、一般には腰を温めた方が良いとされています。実際、筋肉疲労による腰痛の場合は、温めて血行を良くすることが効果的な場合もあります。しかし、ぎっくり腰の場合は全く逆です。慢性の腰痛とは違い、いわゆる炎症が起きている状態なので、基本的に痛みが治まるまでは冷やすことが第一になります。冷やすことで血管を収縮させ、痛みを取ることが大切なのです。

ですから、お風呂は避けるのが基本です。腰を温めると、血行が良くなり、痛みがひどくなってしまう場合があるからです。ただでさえ、ぎっくり腰は動くのも痛くて大変な状態です。無理にお風呂に入る必要は全くありません。どうしても気持ちが悪いのであれば、軽くシャワーを浴びるか、濡れタオルで身体を拭く程度で我慢しましょう。

もちろん痛みが激しいうちは、とにかく動かずに冷やすことが大切です。数日間は、動く気もしないでしょうが、特に腰に負担が掛かるような姿勢は厳禁です。出来ればシャワーなども、そうした状態が治まってからが好ましいと言えます。

激しい痛みが治まったら、ぬるいお風呂に浸かって、血行を良くするのも良いでしょう。ただし、しばらくの間は、腰への負担は掛けないように注意しなければなりません。お風呂やシャワーの際にも、浴槽の中や、洗う時の姿勢などに十分注意しましょう。そして痛みがひどくなった場合には、すぐに冷やすことが必要です。

もしも、ぎっくり腰の痛みがお風呂などで急激に悪化してしまったら、とにかく氷などで冷やしましょう。そして、しばらく動かさずに、じっと休んでください。

中には、温めて治すという、ぎっくり腰に関しての誤った情報も聞かれますが、決してそんな荒療治には根拠がないので、やめてください。「痛みのひどい時は動かず冷やす」が基本です。筋肉組織が傷ついた状態であることを自分でよくイメージし、傷がある場合を想定して手当てをしましょう。


このページの先頭へ