ぎっくり腰

椅子から立ったらぎっくり腰に!?座っている時の負担は侮れない!

人間、立っている時より座っている時の方が楽なのは、言うまでもありませんね。しかし、腰への負担でいうと、座っている時の方が負担が大きい場合があるのです。特に、長時間のデスクワークなどで椅子に座っていたり、椅子に浅めに腰かけるのが習慣になっている場合、また、一日車で移動している場合など、立っている時より腰に負担を掛けてしまうので、注意が必要です。腰痛持ちの方には、このように、椅子に座る時間が長い事が原因となっている場合も少なくありません。

そして、こういった腰への疲労が溜まっている状態で、立ったり座ったり、落ちたものを拾おうとした瞬間、ぎっくり腰が起きるのです。いわゆる腰の捻挫状態で、筋肉の炎症を起こしてしまうのです。ギクッと激痛が走ったら最後、しばらくは動けなくなってしまいます。是非とも避けたいものですね。椅子に座っている時は、腰に疲労がたまっている場合が多いので、強い力が加わると、ぎっくり腰になってしまうのです。急に立ち上がったり、腰を屈めたり捻ったりといった動作には気を付けましょう。そして何より、まずは座っている時の腰への負担を軽くすることが大切です。

長時間椅子に座って、腰に長く圧迫がかかると、椎間板などがゆがんだり変形したりしてしまい、それが神経に触ると腰痛となります。単に筋肉の疲れによる腰痛のうちに、腰への負担を軽減しなければなりません。

しかし、仕事上、椅子に長時間座ることが避けられない場合はどうしたら良いでしょう。まずは、座り方を工夫することで、腰への負担はかなり軽減されます。まず第一に、椅子には深く座ることです。さらに、なるべく背筋を伸ばし、あごを引いてください。これは座っている時に限りませんが、とにかく姿勢を良くすることが何より効果的だということです。悪い姿勢での腰への影響は、立っている時よりも大きいので、余計に気を付けねばなりません。

椅子に座っている時に、良い姿勢を保つのは、意外に大変なものです。ですから、常に意識をして、たまに立ち上がってストレッチをするなどの工夫をしてみることをおすすめします。また、最近では、姿勢の良い状態を保ち、腰への負担を軽減するための椅子も売られています。そういった椅子を利用するのも良いかもしれませんね。

普段から腰への負担を軽減するよう気を付け、椅子に座る時間が長い場合は、座り方や立ち上がって休憩を取るなどの工夫をしましょう。そうした毎日の気遣いが、ぎっくり腰を予防することにつながります。


このページの先頭へ