ぎっくり腰

腰への負担を軽くしよう!ぎっくり腰の原因は筋肉疲労だった!

皆さんも一度は耳にされたことがある「ぎっくり腰」。周りにもぎっくり腰になった方というのはiいらっしゃるのではないでしょうか。まさに名前のごとく「ぐきっ」と痛みが走ります。突然の激しい痛みに動けなくなってしまうので、数日間は何も出来ません。普段腰痛持ちでない人でも、いきなり起きるこのぎっくり腰。いったい何が原因なのでしょう。

実のところ、はっきりした原因というのはわかりませんが、とにかく腰の捻挫だと考えていただければ良いと思います。重いものを持ったり、腰を捻ったり、くしゃみなどで腰に力が入ってしまった場合などに起こります。ようするに、突発的に大きな負担が腰に掛かって、腰の筋肉と関節に大きなダメージを受けたことが原因と言えます。

これは、普段腰痛を持っていない人にも突然起こりますが、腰周辺の筋肉が疲労している場合などに起こりやすと言われています。立ち仕事や、重いものを持つ仕事、長い時間デスクワークをする仕事など、腰に負担が掛かることが多いと、蓄積された腰の疲労により、ぎっくり腰が起きやすいと言えるのです。

もちろんそういった腰への負担だけでなく、全身の疲れやストレスからも起きやすくなります。例えば、目の疲れや、体調不良、ストレスを感じているような時に、重いものを持ったりといった急激な負担が加わると、ぎっくり腰になりやすいのです。

また、疲れ以外にも、身体が冷えやすい人、外的要因で冷えた場合にも、起きることが多いものです。これもはっきりした関連性はわかっていませんが、冷えによって内臓への負担がかかり、働きが低下するため、身体、特に筋肉の疲労が起きるためではないかと考えられています。また、内臓の炎症による肥大が腰の筋肉を圧迫している場合もあります。

腰というのは、立ったり座ったり歩いたりといった人間の動作において、負担がとても大きい場所です。そのため、身体を支える腰というのは、全身の疲れが出やすいのです。そこへ、さらなる突発的な衝撃を受けたために、大きなダメージを受けてしまうというわけですね。

ですから、まずは心身ともに疲れを溜めないことが、このぎっくり腰の原因を避けることになります。そして、腰痛を感じたり、腰が疲れていると感じたら、腰への負担が掛かる動作に気を付けましょう。腰痛のうちに完治させることで、ぎっくり腰を予防することになるのです。


このページの先頭へ