ぎっくり腰

ぎっくり腰は癖になる?繰り返し起きるぎっくり腰の秘密

重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、何かの拍子に「ぐきっ」と腰に激しい痛みが走るぎっくり腰。いきなり動けなくなってしまう困ったものですね。

そしてこのぎっくり腰は、一度なると癖になるものだとよく言われます。実際、一度ぎっくり腰になった人が、繰り返しぎっくり腰になるという場合はよくあります。これはやはり癖になっているということなのでしょうか。

ぎっくり腰の激痛は2、3日で治まり、1週間ほどすると、大体痛みも取れ、週週間で完治となります。しかし、ぎっくり腰は腰の捻挫であり、筋肉や筋膜、靭帯などが傷付いて、炎症を起こした状態なのです。ですから、こうした筋肉や靭帯の状態が元に戻るまでは、実際には完治とはいえず、原因が残っている状態なのです。伸びた靭帯が元に戻るには、数年という長い期間を要します。ですから、しばらくの間は繰り返しぎっくり腰になりやすいといえるのです。

また、ぎっくり腰は、普段から腰の負担が大きく、筋肉に疲労が蓄積されていると、引き起こされやすいものです。ですから、腰への負担が大きい仕事など、筋肉に疲労が溜まる生活習慣のある人が、そのままの生活をしていては、結局またぎっくり腰を引き起こす可能性もあるというわけです。

そしてまた、ぎっくり腰を起こし、安静にしていると、筋肉は固くなります。その固くなったままでいることも、ぎっくり腰の再発に繋がります。要するに、ぎっくり腰は、癖になるというより、完全に治っていない状態か、原因が改善されていない場合に繰り返し起こっているということになります。

こうした再発を予防するためには、ぎっくり腰の痛みが治まったら、ストレッチなどの運動で、固まった筋肉をほぐし、しっかり完治させることと、普段の生活において、要因となる腰の負担を軽減するような姿勢や動作を心掛けることが大切なのです。

そして、腹筋や背筋といった腰回りの筋肉を鍛えたり、マッサージをするなど、ぎっくり腰が治っても、その後のアフターケアを怠らず、生活習慣に気を付けることで、いわゆる癖といわれる再発を防止しましょう。


このページの先頭へ