ぎっくり腰

栄養が関係ある!?バランス良い栄養で、ぎっくり腰の回復と予防を!

ぎっくり腰というのは、きっかけは重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、急激に腰へ力が加わったことによりますが、実は、普段から腰に負担が掛かり、筋肉に疲労が蓄積されている状態が要因となって起こることが多いのです。

もちろんそういった腰の疲労がなくても起きることがありますが、つらいぎっくり腰にならないためにも、腰への負担は出来るだけ軽減させておくことが大切だと思います。

それには、普段から腰への負担が少ない姿勢や動作を心掛けたり、ストレッチなどをして腰の筋肉をほぐしたり、腹筋や背筋など腰回りの筋肉を鍛え、精神的にもストレスを溜めないようにすることが大切です。そして、それに加えて、食生活やサプリメントなどにより、腰痛やぎっくり腰に効果的な栄養を十分に摂ることも大切なのです。

では、具体的にどんな栄養を摂るのが効果的かと言えば、基本は健康全般に言えることで、バランスの良さが第一です。ミネラル・ビタミン・カルシウムといった身体に大切な栄養をバランスよく摂ることが、健康に、更には筋肉の疲労を取るのに役立ちます。

そして、さらに筋肉の疲労に効果的とされている、ビタミンB1には、筋肉疲労を和らげる効果がありますし、ビタミンEにも、血行をよくし、筋肉の緊張をほぐす効果があります。

また、ぎっくり腰は筋肉疲労に加え、身体の冷えや、肥満、加齢なども考えられます。冷えには温かい物や、根菜類が良いですし、肥満や加齢などには、野菜中心のローカロリーメニューが良いように、ぎっくり腰の要因となるそれぞれの症状に効果的な栄養を摂ることで、回復を早め、再発を防止することに繋がります。

しかし、どんな要因にも共通して言えることは、まずはバランスの取れた、十分な栄養を摂ることです。ストレスのない、心身ともに健康な状態を保てるよう、バランスの取れた食事と、それを補うサプリなどで、ぎっくり腰の要因となる体質改善を図りましょう。


このページの先頭へ