ぎっくり腰

記事一覧

ぎっくり腰になりやすい原因の上位、肥満は万病の元!

日本人にとって現代病とも呼べる肥満。肥満は万病の元と呼ばれています。食の欧米化が進むにつれてもたらされた弊害と言って良いかもしれません。予備軍を含め、肥満と呼べる人の割合は年々増え続けています。

冒頭で肥満は万病の元、と言いましたがそれは大げさに言っているのではありません。肥満から派生するものの中で最もなりやすいものが、ぎっくり腰です。なぜかと言うと、肥満は増加した体重で腰に大きく負担が掛かっている状態です。増えた体重=脂肪と言う名の重りであり、体重増加に対して体を支える筋肉の発達が追い付いていないのです。これは常に爆弾を抱えている状態です。

肥満の判定は、身長と体重から計算されるBMIという数値で行われています。このBMIという言葉、おそらく多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。「Body Mass Index(肥満指数)」の略称です。BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}で数値を導き出すことが出来ます。

日本人の平均は18.5以上25未満で、それ以上は肥満とされています。中には、体重が増加しても見た目がほとんど変わらないと言う方がいると思いますが、体にたまる脂肪の量のうち、内蔵にたまる脂肪が最も危険とされています。内蔵脂肪型肥満かどうかの判定は、腹囲の測定で判定されます。厚生労働省の基準では、男性が85㎝以上、女性が90㎝以上でこの内臓脂肪型肥満と判定されるのです。

内蔵脂肪型肥満自体は病気ではありませんが、高血圧や糖尿病、動脈硬化になりやすくなるアディポサイトカインというホルモンのような物質が多く分泌されやすくなります。肥満は、百害あって一利なしなのです。

先ほどご紹介したBMIの計算で、肥満に満たない数値で安心したという方も他人ごとではありません。ぎっくり腰にならないためには、普段から運動することが大切なのです。運動はぎっくり腰の予防に最適です。通勤・通学を徒歩に切り替えたり、エスカレーターやエレベーターの使用を控え、階段の上り下りを積極的に行うなど、できるとこから少しずつ切り替えてみてはいかがでしょうか。

ただし、無理は禁物です。いくら肥満予防とはいえ、いきなりハードな運動を始めるのは身体に大きな負担がかかってしまいます。最初からそのような状態で、今後も運動を続けていけるかというと、おそらくは多くの人が続かないはずです。何事も継続が大事です。千里の道も一歩から、肥満にならないようできるところから始めてみましょう。

ぎっくり腰が長引く時、そんな時こそ生兵法は危険の元!

ふとした拍子になりやすい「ぎっくり腰」ですが、何がきっかけになって起こるかは人それぞれです。ぎっくり腰になった時は安静にし、患部を冷やすことが王道的な対処法です。通常であれば2~3日くらいで痛みは軽減するのが一般的なのですが、稀にその痛みが長引いてしまう方もいます。

痛みが長期化することで、生活にも支障が出てしまい不安に思うのも無理もない話です。あまりに激痛がある時は無理に体を動かさず、腰に負担をかけないよう安静にしてください。市販の湿布や鎮痛剤を使用してみるのも良いかと思います。

ぎっくり腰が長期化しているということは、腰痛を伴う病気に疾患しているということも視野に入れておかねばなりません。例えば、重篤なものでしたら転移性脊椎腫瘍や椎間板ヘルニアなどが考えられます。重篤とまではいかないまでも、子宮内膜症や尿管結石、心気症なども急性腰痛を引き起こす病気です。

慌てずに、まずは動けるようになってから医療機関で受診してお医者さんの判断を仰いでください。ぎっくり腰など急性腰痛で受診するとなると、他の病気がないかどうかの可能性を確認し、様々な検査を行うのが常です。必要に応じてMRIなどの画像検査を推奨されることも無きにしも非ず、なのです。

病気の併発がなければ、医療機関では痛みを抑える治療が行われます。薬物療法による治療が一般的です。立ち仕事など、同じ姿勢を長時間とる必要がある仕事など、どうしても普段の生活に支障がでる場合はコルセットを希望してみるのも良いでしょう。

ぎっくり腰は、現代病とも言われています。ストレス社会と称される現代では、オーバーワークによる過労や運動不足、睡眠不足といったぎっくり腰になりやすい環境が整っているのです。ぎっくり腰にならないためには、ストレスを解消することが一番良い治療法です。

特に、運動は効果的です。運動といっても、ジムなどで行う激しい運動ではなく、日常面でできる運動です。通勤・通学など歩ける範囲では歩く、散歩をしてみるなどできるところから始めてみてください。慣れてきたら、少しずつ運動量を増やすなど筋力増強に取り組むことも良いでしょう。腰に負担がかかるようでしたら体操をお勧めします。

ぎっくり腰の長期化は、不安を招くことでしょう。しかし、そんな時にやってしまいがちなのが不安を和らげようと、書籍やインターネットなどに無数にある治療法を鵜呑みにしてしまいがちなのです。情報化社会の現代では、情報を取捨選択することも必要です。生兵法は危険の元、注意してください。

理解しないと危険!?ヘルニアとぎっくり腰の違いをご紹介

ヘルニアとぎっくり腰、どちらも腰痛を伴うという同じような症状があり、混同してしまう人も少なくありません。しかし、この2つは似ているようで全く違うもの。ではなぜ、この2つを混同してしまいがちなのでしょうか?

共通点として先ほど述べた「腰痛」を挙げる方も多いでしょう。しかし、これは間違いなのです。ヘルニアとぎっくり腰は対処法も違います。間違った対処法をして悪化したという話も聞くくらい、実は大変危険なことなのです。

まず、ヘルニアとは何か。ヘルニアは、体内の臓器が本来あるべき部位から脱出した状態のことを指します。鼠径ヘルニア、臍ヘルニアなど多数の種類がありますが、ぎっくり腰と混同してしまいがちなのは「椎間板ヘルニア」です。

椎間板は椎体と椎体の間に存在し、衝撃吸収装置としての役割を果たす軟骨です。椎間板は中央にあるゼリー状の髄殻と、周囲を囲む線維輪から構成されています。「椎間板ヘルニア」とは、本来であれば椎間板の中心にある髄殻が椎間板の外に飛び出してしまうという症状を定義しているのです。

発症すると、激しい痛みや足の痺れなどが伴います。しかしそれは厳密に言うと、「下肢痛」であり坐骨神経痛なのです。ですので、多くの人が混同してしまいがちなぎっくり腰との共通点である「腰痛」は、ヘルニアそのものの症状と勘違いしてしまうのでしょう。とはいえ、二次的に腰痛を引き起こす可能性もあるので一概に否定はできないのでそこはややこしい点であると言えます。

では、ぎっくり腰とは何か。これはすべての急性腰痛症の俗称で、正式な医学における診断名ではありません。何かのきっかけで急に発症した腰痛を指すので、人によって痛めた場所は違います。と言っても、痛め易い場所は存在します。筋肉疲労、腰椎椎間関節症や腰椎椎間板症など多岐に渡ります。

違いを簡単に述べると、「椎間板ヘルニア」は長期的、「ぎっくり腰」は短期的であると言えます。こう書くと対処法も違うことが理解して頂けるのではないかと思います。

「ぎっくり腰」の対処法としては安静にすることが大切です。痛めた箇所の血流を抑えるために冷やすことが効果的ですが、マッサージや温めることは逆効果です。痛みが軽くなってきたら、体を動かしたり温めてみてください。効果が期待できます。しかし、痛みが一週間以上続くようでしたら、専門のお医者さんに診てもらうことも考えてください。

一方、先ほども述べた通り「椎間板ヘルニア」は長期的。そう簡単には治りません。安静にすること、腰に負担をかけないようにするのが一番です。「椎間板ヘルニア」か「腰痛」であるかは素人には判断がつかないので、ある程度体が動くようになれば整形外科などの病院で診察してもらい、必要に応じてレントゲンやMRIを行ってもらうことをお勧めします。

治療法は手術という選択肢もありますが、最近では自然治癒を薦めるお医者さんもいます。もっとも、最終的にそれを決めるのは本人です。自分の体に関わることですから、しっかりとした知識を身に着けたうえで吟味し、決めて頂きたいと思います。

ぎっくり腰と生理の関係、予防策を伝授!

月に一度、女性の身体面に影響し様々な変化を起こす生理。月経前になるとイライラしたり、下腹部に痛みを感じたりするなどの身体面・精神面において不快な症状に悩まされる方は多いです。「月経前症候群(PMS)」と呼ばれるこれらの症状は、人によって症状もまちまちです。もっとも、排卵のある女性であれば、誰にでも起こり得ることであり特別なことではありません。

しかし、酷い場合になると生活に支障が出るくらい酷い症状である場合も少なくはありません。このように極端に重度の場合は、「月経前不機嫌性障害(PMDD)」と呼ばれます。近年では、適切な治療が必要なPMDDのような症状を訴える女性は増加傾向にあるようです。

さて、このPMS/PMDDの症状のうち、上位を占めるのが腰痛です。排卵後から月経の期間は、黄体ホルモン(プロテスゲン)が分泌されている影響によって、骨盤や腰などを含めた全身の関節が緩くなります。このことから、黄体期の間はぎっくり腰になりやすい体内環境にあるのです。腰から臀部の中間あたりにある仙腸関節は、ぎっくり腰になりやすい箇所です。関節が緩んでいる黄体期においては特に注意が必要です。

とはいえ、ぎっくり腰は意図しない時に起こります。生理期間中は特に注意が必要ですが、普段より予防策を取っておくことは大切です。予防策としては、まず疲労やストレスをためないことが一番です。女性のオーバーワークも珍しくない現代です。このような時にやってしまいがちな長時間同じ姿勢は禁物、小休止も兼ねてデスクワークの方ならば立ってみたり、立ち仕事の方は座ることが厳しければ違う体勢を取ってみるなどしてみては。疲労やストレスが溜まっている段階で、すでに発症してしまう土台は整っているのですから、あまり無理をしないことが大切なのです。

黄体期は骨盤周りに血流が集中し、その影響で手足や腰の血流は滞りがちで、体は冷えやすくなっています。冷えは万病の元とも言います、冷やさないように体を温かくしておくことは大切です。温かい湯に少し長めにつかるのがお薦めです。発汗を促す半身浴も良いでしょう。この他、バランスの良い食生活も大切です。生理の折に不足しがちな鉄分を摂取することも忘れないでください。

実は私も、生理期間中の腰痛に悩んでいました。体を温かくすることだけでも症状はかなり和らぎました。生理の折の腰痛やぎっくり腰に悩む女性の方々には、ぜひとも試して頂きたいと思います。最後に酷い痛みがあるようでしたら、無理をせずに専門医に診てもらうようにしてください。

血尿がでた!?もしかしてそれはぎっくり腰じゃなくて他の病気かも!

ぎっくり腰という名前は、一度は耳にされたことがあると思います。重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子に、腰に急激な力が加わったことによって起こります。「ぐきっ」と激しい痛が襲い、動けなくなってしまいます。

しかし、実はこうした原因は、ただのきっかけに過ぎず、もともと腰に負担が掛かって、筋肉に疲労が蓄積されている場合に起こりやすく、また、内臓疾患によって引き起こされる場合もあるのです。

通常、ぎっくり腰の激痛は2、3日で治まり、大体一週間ほどで、ほとんど痛みが無くなります。しかし、数週間経っても痛みが引かない場合は、他の病気が原因とも考えられます。

そして、痛みが引かない状態で、更に血尿が出るという症状が現れることがあります。血尿が出ると、大変に不安になることと思いますが、この場合の多くは、尿路結石です。尿路結石というのは、文字通り尿路に石が出来る病気です。尿に溶け込んだミネラル物質などの成分が固まって、石になるのです。とても激しい痛みを伴うので、腰痛を感じることが多く、よくぎっくり腰と混同されるのです。ですから、ぎっくり腰と診断されても、痛みがなかなか引かなかったり、血尿が出た場合は、まず尿路結石が疑われます。

もちろんこの尿路結石である場合には、早めに泌尿器科を受診して、治療をしなければなりません。しかし、血尿が出たからと言って、必ずしも尿路結石であるということではなく、椎間板ヘルニア・腰椎骨折・脊髄ガンなど、他の病気も色々と考えられます。

ですから、ぎっくり腰の痛みがなかなか取れず、更に血尿が出たという場合には、早めに整形外科を受診し、レントゲンなどの検査を受け、原因を突き止めることが大切です。

ぎっくり腰は癖になる?繰り返し起きるぎっくり腰の秘密

重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、何かの拍子に「ぐきっ」と腰に激しい痛みが走るぎっくり腰。いきなり動けなくなってしまう困ったものですね。

そしてこのぎっくり腰は、一度なると癖になるものだとよく言われます。実際、一度ぎっくり腰になった人が、繰り返しぎっくり腰になるという場合はよくあります。これはやはり癖になっているということなのでしょうか。

ぎっくり腰の激痛は2、3日で治まり、1週間ほどすると、大体痛みも取れ、週週間で完治となります。しかし、ぎっくり腰は腰の捻挫であり、筋肉や筋膜、靭帯などが傷付いて、炎症を起こした状態なのです。ですから、こうした筋肉や靭帯の状態が元に戻るまでは、実際には完治とはいえず、原因が残っている状態なのです。伸びた靭帯が元に戻るには、数年という長い期間を要します。ですから、しばらくの間は繰り返しぎっくり腰になりやすいといえるのです。

また、ぎっくり腰は、普段から腰の負担が大きく、筋肉に疲労が蓄積されていると、引き起こされやすいものです。ですから、腰への負担が大きい仕事など、筋肉に疲労が溜まる生活習慣のある人が、そのままの生活をしていては、結局またぎっくり腰を引き起こす可能性もあるというわけです。

そしてまた、ぎっくり腰を起こし、安静にしていると、筋肉は固くなります。その固くなったままでいることも、ぎっくり腰の再発に繋がります。要するに、ぎっくり腰は、癖になるというより、完全に治っていない状態か、原因が改善されていない場合に繰り返し起こっているということになります。

こうした再発を予防するためには、ぎっくり腰の痛みが治まったら、ストレッチなどの運動で、固まった筋肉をほぐし、しっかり完治させることと、普段の生活において、要因となる腰の負担を軽減するような姿勢や動作を心掛けることが大切なのです。

そして、腹筋や背筋といった腰回りの筋肉を鍛えたり、マッサージをするなど、ぎっくり腰が治っても、その後のアフターケアを怠らず、生活習慣に気を付けることで、いわゆる癖といわれる再発を防止しましょう。

ぎっくり腰には筋肉が重要!筋肉強化でぎっくり腰は予防できる

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりと、何かの拍子に腰に強い力が加わって起きるものです。腰の筋肉の捻挫であり、筋膜性腰痛症という名前からもわかるように、腰回りの筋肉や腹筋、靭帯や軟骨が損傷し、炎症を起こしている状態なのです。

このように、何かのきっかけで筋肉の繊維に傷が付いて起こるぎっくり腰ですが、実は、筋肉の疲労が要因となっている場合がほとんどなのです。

骨盤を支える筋肉に疲労やストレスなどによって弱くなると、腰痛を引き起こしますし、弱っている筋肉に、急激に強い負担が掛かると、ぎっくり腰になってしまうというわけです。

ですから、重い物を運んだり、長時間車の運転をしたり、無理な姿勢や、デスクワークなど、普段から腰に負担の掛かる仕事をしている人に、腰痛やぎっくり腰になる場合が多いのです。

もしぎっくり腰になってしまったら、とにかく激痛のある2、3日は安静にして、腰の筋肉を動かさないようにしましょう。無理して動かすと、炎症がひどくなってしまいます。悪化しないよう、激痛が治まっても、痛みが取れる1週間ほどはなるべく安静にして、腰の筋肉を休めてください。特に、腰に負担の掛かるお仕事の場合、復帰も十分に痛みが取れてからにしてください。

そして、痛みが取れたら、今度は逆にストレッチなどの運動をして、筋肉をほぐしリハビリを行いましょう。痛みで安静にしていた筋肉は、固くなってしまっているので、また痛くなりそうだからと、いつまでも動かさないでいると、良くありません。

また、完治した後も、筋肉の状態が戻るまでは、繰り返しぎっくり腰になる場合も多いので、普段から、腰への負担を軽減するような姿勢・動作を心掛けることが大切です。そして、腹筋・背筋など、腰回りの筋肉を鍛える運動を習慣付けると良いでしょう。

こうして腰の筋肉への負担を軽くし、さらに鍛えることで、腰痛を防止し、ぎっくり腰の再発を防ぐことが大切なのです。

ぎっくり腰は自然治癒が原則。痛みが引くまでは絶対安静が基本

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりと、何かの拍子に急激な腰への力が加わった場合に起こります。「ぐきっ」と激しい痛みが襲い、動けなくなってしまうものです。

この激しい痛みはかなりつらいものですが、2、3日で嘘のように治まり、一週間ほどでほとんどの痛みが取れてしまいます。

とはいえ、この激痛の時期は絶対安静で、出来るだけ腰を動かさないようにしてください。そして、痛みを軽減させるため、氷や冷湿布などで患部を冷やしましょう。この「安静」と「冷やす」ことで、ぎっくり腰は自然治癒するのです。

しかし、無理して動いてしまったり、入浴や温湿布などで温めてしまうと、痛みが悪化し、回復も長引いてしまうので気を付けましょう。

ぎっくり腰になると、慌てて病院へ行かねばと思う方もいらっしゃるでしょうが、激痛で動けない時に、無理をして病院へ行く必要はありません。この時期無理に動かしてしまうと、かえって痛みが悪化してしまい、逆効果となります。

まして、検査を受けないまま整骨院へ行ってマッサージを受けることなどは、絶対に避けましょう。ぎっくり腰というのは腰の捻挫で、筋組織が傷付いた状態です。傷を揉み解すことは、悪化させてしまうようなものです。しかも、原因が特定されないうちにマッサージを受けるのは大変危険です。もしも他の病気が原因であった場合には、その病気の悪化も招きかねません。

ですからぎっくり腰になったら、痛みが引くまでは安静にして、冷やすことだけに専念し、自然治癒させることが一番なのです。

ただ、痛みが数週間経っても取れなかったり、腰痛以外の症状があるといった場合には、他の病気も考えられます。まずは整形外科を受診し、レントゲンなどの検査で、原因を特定してもらいましょう。他の病気のあった場合は、また専門の治療が必要となります。

そして、自然治癒したからといっても、一度痛めた筋肉が元の状態に戻るまでは数カ月から数年は掛かるものです。その間は繰り返しぎっくり腰になる場合も多いので気を付けましょう。自然治癒には長い時間を要するものです。普段の生活においても、腰に負担を掛けない姿勢や動作を心掛け、筋肉に疲労が溜まらないようにしましょう。そしてさらに、腰の筋肉をほぐし、鍛えるためにストレッチなどの運動も習慣づけると良いでしょう。

ぎっくり腰効くモノって何?予防の為にはコレが大切!

ぎっくり腰というのは、何かの拍子に腰に強い力が加わると、突然激しい痛みとともに、動けなくなってしまうものです。激痛は2、3日続き、大体1週間ほどで治まってきますが、この間は出来るだけ安静にして、患部を冷やすようにしなければなりません。

痛みの激しい時期は、市販の冷湿布で冷やし、血管を収縮させて痛みを軽減させましょう。間違って温湿布で暖めてしまうと、痛みがひどくなってしまうので、注意が必要です。また、どうしても痛みに耐えられない場合は、市販の鎮痛薬や、病院で神経にブロック注射を打ってもらうのも良いでしょう。ぎっくり腰に効く薬というものはないですが、こうして痛みを和らげる薬で症状を緩和することが出来ます。

そして、痛みが治まったら、リハビリや、再発予防のためにも、ストレッチなどの運動をしましょう。基本は前屈・腹筋・背筋が良いでしょう。前に屈んで腰を伸ばす。腹筋をする。うつ伏せで状態をそらし、背筋を鍛える。といった、シンプルな運動で良いので、無理なく続けてください。こうした運動で腰回りの筋肉を鍛えることがぎっくり腰には効果的で、再びなりにくい身体にすることが出来るのです。

またこうした運動と併せて、気軽に出来るツボ押しというのも効果的です。ぎっくり腰・腰痛に良く効くツボは、手の甲にあります。人差し指と中指の間から手首方向にたどっていって、骨にぶつかった凹み部分と、薬指と小指の間を手首方向にたどっていって、骨にぶつかった凹み部分の2か所です。両方の手の甲のこのツボを、気付いた時に指圧すると良いでしょう。また腰の付近の背骨わきには、腰痛に効くツボが集まっていますので、腰全体を揉みほぐすのも効果的と言えます。

ぎっくり腰というのは筋肉が傷付いた状態なので、一度なると、筋肉の状態が元通りになるまでは、繰り返し起こることが多いものです。ですから、こうした運動などで、腰の負担を軽減し、筋肉に疲労を蓄積させないことが大切なのです。

そうした普段の生活習慣において、もうひとつ気を付けたいのは、食事でしょう。ビタミン・ミネラル・カルシウムといった主要な栄養分をバランス良く摂ることで、筋肉の状態を良くし、ぎっくり腰の再発を予防しましょう。また、身体を冷やすこともぎっくり腰には良くないといわれています。冷たい物は控え、温かい物や、身体を温める根菜類などを多く摂るよう心掛けましょう。足りない分は、サプリなどで補うのも良いですね。

このように、ぎっくり腰の症状を緩和したり予防したりするには、普段の少しの努力が効果を生みます。無理なく続けることが大切なのです。

栄養が関係ある!?バランス良い栄養で、ぎっくり腰の回復と予防を!

ぎっくり腰というのは、きっかけは重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、急激に腰へ力が加わったことによりますが、実は、普段から腰に負担が掛かり、筋肉に疲労が蓄積されている状態が要因となって起こることが多いのです。

もちろんそういった腰の疲労がなくても起きることがありますが、つらいぎっくり腰にならないためにも、腰への負担は出来るだけ軽減させておくことが大切だと思います。

それには、普段から腰への負担が少ない姿勢や動作を心掛けたり、ストレッチなどをして腰の筋肉をほぐしたり、腹筋や背筋など腰回りの筋肉を鍛え、精神的にもストレスを溜めないようにすることが大切です。そして、それに加えて、食生活やサプリメントなどにより、腰痛やぎっくり腰に効果的な栄養を十分に摂ることも大切なのです。

では、具体的にどんな栄養を摂るのが効果的かと言えば、基本は健康全般に言えることで、バランスの良さが第一です。ミネラル・ビタミン・カルシウムといった身体に大切な栄養をバランスよく摂ることが、健康に、更には筋肉の疲労を取るのに役立ちます。

そして、さらに筋肉の疲労に効果的とされている、ビタミンB1には、筋肉疲労を和らげる効果がありますし、ビタミンEにも、血行をよくし、筋肉の緊張をほぐす効果があります。

また、ぎっくり腰は筋肉疲労に加え、身体の冷えや、肥満、加齢なども考えられます。冷えには温かい物や、根菜類が良いですし、肥満や加齢などには、野菜中心のローカロリーメニューが良いように、ぎっくり腰の要因となるそれぞれの症状に効果的な栄養を摂ることで、回復を早め、再発を防止することに繋がります。

しかし、どんな要因にも共通して言えることは、まずはバランスの取れた、十分な栄養を摂ることです。ストレスのない、心身ともに健康な状態を保てるよう、バランスの取れた食事と、それを補うサプリなどで、ぎっくり腰の要因となる体質改善を図りましょう。

このページの先頭へ