ぎっくり腰

とってもつらいぎっくり腰のこの激痛・・いったいいつ治るの!?

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、何かの拍子に腰を捻ったり、くしゃみをしたりと、急激に腰に力が加わった場合に起こります。突然激しい痛みが襲って、動けなくなってしまいます。あまりにつらい痛みなので、本当に治るのか、不安に思う人もいらっしゃいます。では、ぎっくり腰はいつ治るのでしょうか。

まず、この動けないほどの激痛は、2、3日で治まります。もちろんこの間は絶対安静で、患部を氷や湿布で冷やし、痛みを軽減することが大切です。この時期に安静を保たず無理をしてしまったり、入浴や温湿布などで温めてしまうと、悪化してしまったり、痛みが長引いてしまう場合があります。しかし、この数日が過ぎると、嘘の様に痛みが引き、かなり安心されることでしょう。

そして、一週間ほどで、ほぼ痛みが取れます。様子を見ながら普段通りの生活が出来るようになりますが、この時期もまだ無理をしてはいけません。仕事などに復帰するのも、しっかり痛みが取れてからにしましょう。ここで油断して無理をしてしまうと、また痛みが悪化し、長引くことになってしまいます。

さらに2、3週間が過ぎ、特に異常が無ければ、無事完治となります。しかし、数週間が経過しても、痛みが続いていたり、足などのしびれが残ったりしている場合は、腰の捻挫以外に原因があるかもしれません。病院でMRIなどの検査を受け、他の病気がないかを調べてもらいましょう。

また、ぎっくり腰というのは、一度腰の筋肉を傷めた状態なので、筋繊維が元に戻るまでは、繰り返し起こってしまう場合もあります。そもそもぎっくり腰というのは、日常生活での筋肉の疲労が蓄積された状態の時に起こることが多いのです。また同じような生活をして、腰に負担を掛ければ、更に再発しやすくなってしまいます。

ですから、治ったからと油断をせず、普段から腰へ負担を掛けない姿勢や動作を心掛け、ストレッチなどで筋肉を柔らかく、また腹筋や背筋を鍛えることで、ぎっくり腰や腰痛の再発予防をすることも大切です。こうして数年ぎっくり腰が起きなければ、そこで初めて完治したともいえるかもしれませんね。


このページの先頭へ