ぎっくり腰

ぎっくり腰の強い味方『腰痛ベルト』 持っていて損はありません

ぎっくり腰になってしまったとき、安静に休むことができれば何よりなのですが、世の中そうそうゆっくり安静にしていられる人は多くはありません。毎日仕事に行く人、自宅で家事、育児に追われる人、皆さん忙しい生活を送っていらっしゃるでしょうから、できる限り安静にとは言われるものの動かざるを得ないというのが実状ではないでしょうか。

では、そんな時にはどのようにして過ごせばよいのでしょうか?痛みに耐えながら仕事をこなし、子供を抱っこして、料理を作ったりしなければならないのでしょうか。ぎっくり腰の具合にもよりますが、あまりに辛い時、四つん這いから起き上がれなくなってしまうようなことも多くあります。起き上がることも辛いような状態で、日々の日常を送れと言うのはあまりに酷というものです。ですから、そんな時には無理をせずに、腰痛ベルトを使用しましょう。

この腰痛ベルトは、腰全体を包むタイプ、骨盤を包むタイプとありますが、どちらにしても、腰付近をきっちりと固定してくれますので痛みがぐんと和らぎます。また、動く際にも、無理な姿勢を作らせることはありませんので、腰に負担をかけることなく、痛みが和らぐまで過ごすことができるのです。

購入は病院以外でも簡単にできます。薬局だけでなく、大型スーパーやデパートの健康グッズコーナーなどにも多く取りそろえられています。また、ネットでも簡単に購入できますので、自分の痛みのタイプや、生活に支障が出ないタイプのベルトを選び着用することが好ましいと言えるでしょう。

痛みがなくなってもしばらくはベルトを付け続けることで、腰の炎症は治まります。また、痛みがひどくなる前に腰をぎゅっと固定することで炎症も最小限に抑えることができますので、腰痛持ちの人はぎりぎりまで我慢するのではなく、いつでも手に届く場所に保管し、少しでも痛みを感じたら着用するようにするのが良いでしょう。


このページの先頭へ