ぎっくり腰

ぎっくり腰から慢性腰痛になるのを防ぐために出来る予防

ぎっくり腰は誰にでも突然襲いくるものです。場合はいままで腰痛と無縁だった方にも当然ぎっくり腰になる可能性はあります。あまりにも突然やってくる為、大概のぎっくり腰患者の方はとにかく焦ります。想像以上の痛みについてはもちろんですが、まったく動けない日々が続き、多少でも快復すると、早く動きたい、今まで通りの生活がしたいと無理をしてしまう傾向にあります。しかし、その無理がたたり慢性の腰痛になるケースも少なくはありません。

ぎっくり腰は安静にすることが大変重要です。一般的に快復まで1週間~10日かかるものですから、焦る気持ちはよくわかりますが、動くのを我慢するのもぎっくり腰になった方の重要な仕事だと思います。治りかけで痛みもやわらぎ、動けるようになってきた場合は、まったく動くなというわけではありません。たとえ数日間であったとしても、まったく動かないことで筋力は低下しますので、動くのも必要だと思います。しかし、腰の保護を忘れてはいけません。

動く場合は、サポーターやコルセットを使用し、腰への軽減する事が必要です。また、腰痛持ちの人は自然と身に着けていきますが、腰に負担をかけない動き方も重要です。たとえば、寝ている体勢から起き上がるときは、一度横向きになってから手でしっかりと体を支えてから起き上がるようにしたり、床にあるものを持ち上げるときは膝に重心を置いて持ち上げ立つのではなく、先に腰を入れてから立ちましょう。ほんの少しの動作を注意するだけで、腰への負担は確実に軽減されます。

動いている最中であっても、少しでも違和感を感じたらその日は動くのをお休みするのも大切です。無理をする事で動けない日が伸びるのはもったいないですし、無理が祟って慢性腰痛へと発展すると今後の人生をずっと腰痛と付き合っていかなければならないかもしれません。自分の体とよく相談し、絶対に無理をしないことと、動く場合は先に予防策を講じることが重要なのではないでしょうか。


このページの先頭へ