ぎっくり腰

あなたのぎっくり腰にはコルセット?腰痛ベルト?どちらが効果的?

ぎっくり腰になってしまったときの強い味方であるサポート用品には腰痛ベルトやコルセットがありますが、この2つはどのよう違いがあるのか、なかなか知らない人が多いかと思います。どちらも炎症を起こし痛みを抱える腰付近を支えるのが目的となっていますが、この2つの大きな違いは簡単に言うと「幅」が違うのです。

腰痛ベルトはコルセットに比べ、細身になっていますので装着してもそこまで身体の動きは制限されません。どちらかと言えば、骨盤を支えるという表現がぴったりです。

コルセットは腰痛ベルトよりもかなり幅が広く、ウエスト部分全てを包み込むような形になります。ぎっくり腰だけでなく椎間板ヘルニア等の腰痛治療での保存治療にも用いられます。重度の症状を抱える人におススメで、こちらは腰痛ベルトよりもかなり動きが制限されますので、炎症を起こしてしまった腰部分に無理な負担を与えることなく、完治を目指すことを目的として作られています。

どちらも薬局や大型スーパーで簡単に購入できますので、自分の痛みがどの程度かしっかり見極めて選ぶのが良いでしょう。

注意事項として、このサポート用品をつけると痛みが最悪の状態からかなり改善されるため、ついつい無理をして動いてしまう人が多い為、余計に悪化して完治が遅くなるということがあります。ぎっくり腰の時に大切なのは「絶対安静」です。どうしても動かなくてはならないからつけているサポーターはあくまでサポートしているだけです。それを忘れずに身体をいたわりながら過ごすようにして下さい。


このページの先頭へ