ぎっくり腰

記事一覧

ぎっくり腰予防の為の筋トレはバランス良くが合言葉!

35歳男性のIさんは軽度の腰痛持ち、同僚がぎっくり腰になった姿を見て、自分にはこの痛みは耐えられないだろうと思い、予防のための筋肉トレーニングを始めました。これをきっかけにスポーツジムにも入会し、毎週土日の休日は1時間程、マシンを使い、汗を流す生活を送っています。

自宅でも簡単にできるようなストレッチは多々ありますが、やはりスポーツジムなどのマシンを使うと効率よく、腹筋、背筋にバランスよく筋肉をつけることができますので、ぎっくり腰予防には最短の道であると共に、健康面でも大変おススメの方法であると言えます。

Iさんが行っている具体的なトレーニング法は、まず、ジムについてから、プールで30分ほど泳ぎ身体をほぐします。いきなりマシントレーニングを行うと、筋肉に対して急な負担がかかりますので、ぎっくり腰の予防をしにジムに通っているのに、逆に身体を壊してしまいかねません。プールでなくてもかまいません、まず、身体をほぐす運動を必ず取り入れてからマシンに向かうようにして下さい。

身体をほぐしてから、腹筋マシンを行います。ジムによって置いてあるマシンは異なりますが、ダイレクトに腹筋に働きかけるタイプの物を使用するとよいでしょう。自分に合ったマシンを使用するようにして下さい。

Iさんn使用している腹筋マシンは台の上に座り負荷のかかったペダルを足で押しだすというもの、これをゆっくり息を吐きながら30回×3セット、その後、背筋を鍛えるマシンで同じように30回×3セット行います。Iさんの使用している背筋マシンはおもりを持ち上げる物です。

このように、ぎっくり腰を予防するためには、腰回りの筋肉をバランスよく鍛えることが必要なのです。このトレーニングを始めてからIさんは腰回りが引きしまり、今までの経度の腰痛も全く感じなくなったそうです。

あなたがもし、ぎっくり腰を予防する為に筋トレを考えているのであれば、腹筋だけでなく背筋も鍛えるなど考えながらトレーニングを行うようしてくださいね。

ぎっくり腰の予防のための運動は「適度」が大切です。

ぎっくり腰になった人の様子を実際に目の当たりにしたり、辛い体験談を聞くと、自分は絶対にぎっくり腰なんかになりたくない!!と、なんとかしてぎっくり腰を防ごうと、様々な予防方法を行う人はたくさんいらっしゃいます。

以前、ここでも何度かお話ししたようにウォーキングや、サプリメント、筋肉トレーニング、運動などでぎっくり腰を予防することは可能であると言われています。

そもそも、ぎっくり腰になる原因は、腰回りの筋肉う分の炎症によるもので。この炎症が起こる原因は、急激な運動や、重たい物を持ち上げることにより、一時的に腰回りの筋肉に過度な負荷を加えることで、筋肉を痛め、炎症が引き起こされてしまうのです。ですから、予防するには、この腰回りの筋肉を鍛えることで予防ができると考えられているのです。

しかし、気をつけなければならないのは、運動のしすぎによる筋肉の酷使です。とにかく筋肉さえ付ければ、運動をたくさんして身体を動かしていればぎっくり腰は予防できる!と、躍起になって運動を行う人が大変多いのです。スポーツジムや自宅でも一生懸命腰回りを鍛えようと運動を行うのですが、いつのまにか、ついついやりすぎてしまうのです。あまりに過度な運動は、ぎっくり腰の予防どころか、逆に腰部分を痛めてしまうことになりかねません。

もし、あなたがぎっくり腰を防ぐために運動を行うのであれば、自分の考えている運動量の半分の量を行うようにしましょう。ただただ沢山運動を行えば筋肉が鍛えられるとは限りません。それよりも自分で行える範囲の運動を毎日続けて行うことを心がけて下さい。

最後に、簡単に行える、ぎっくり腰予防の運動と目安をお伝えしたいと思います。

まず、床に四つん這いになります。ゆっくり大きく息を吐きながら、右手、左足を身体と水平に伸ばします。だいたい10数える間に伸ばしきるという感じで行って下さい。伸ばしきったら、そのままの状態をキープして10数えます。その後、また10秒かけて元の姿勢に手、足を戻します。次に同じ様に左手、右足を行います。この運動を朝、夜3回ずつ行います。

ちょっと物足りないのでは?と思う程度で止めるのが大切です。無理せず徐々に筋肉をつけていくことでぎっくり腰を予防できますので是非お試しくださいね。

サプリメントを上手にとって、恐怖のぎっくり腰を予防しましょう。

筋肉の炎症で起こってしまうぎっくり腰、なっていまったら治るまで我慢するしかないと言うのが悲しいところ。予防法として筋トレやストレッチなど様々な方法がありますが、実はサプリメントでもこのぎっくり腰を予防することができるということはなかなか知られていない事実であります。

ぎっくり腰予防にサプリメント??言われてもピンとこない人が多いかと思いますが、直接これを飲めばぎっくり腰が完全に防げるというサプリメントは残念ながら存在しません。しかし、紹介するサプリメントを効率よく摂取すれば、辛いぎっくり腰になりにくい身体を作ることができると言われています。

具体的におススメのサプリメントはビタミンB1、ビタミンE、ビタミンDを含んだサプリメントです。ビタミンB1は筋肉の疲れを和らげてくれる効果があります。ぎっくり腰は腰部分の筋肉の炎症が主な原因です。常日頃筋肉が疲れていると炎症が起こりやすくなりますから、筋肉をいたわってくれるこのビタミンB1を摂取することが有効なのです。

そして、次にビタミンEですが、これは体内の血液の流れを良くし、筋肉部分の緊張をほぐしてくれるという効果があります。ぎっくり腰になってしまう時には、筋肉部分の疲労、腰回りの筋肉のこわばりによる血流の悪さも引き金になりますので、このビタミンEで血流を良くしておくのも効果的です。

最後にビタミンDですが、これはカルシウムの吸収を高める効果があります。カルシウムは腰回りの骨を強くするのに大変有効です。支え部分の骨盤の骨がしっかりと強くなっていれば、ぎっくり腰も予防できますので、大変効果的なサプリメントなのです。

もし、あなたが今までに、ぎっくり腰になったことがあったとしても、これらのサプリメントで再発も予防できるでしょう。恐怖のぎっくり腰にならない為にこれらのビタミンを含むサプリメントを上手に摂取することをおススメします。

ちょっとまって!ぎっくり腰サポーターの使い方間違ってませんか?

急激な負荷を腰回りにかけてしまうことによって引き起こされる筋肉の炎症…それがぎっくり腰の原因ですが、このぎっくり腰、思っている以上に辛いです。この辛さを和らげてくれるのが、腰痛ベルトやコルセット、腰痛サポーターですが、これらを使用する際には注意が必要です。

今年45歳のT男さんは、大切な1人娘さんの運動会で張り切り過ぎて思わずぎっくり…と腰に爆弾を抱える羽目になってしまいました。あまりの痛さに涙を流しながら病院へ運ばれ、処方されたのは、痛みどめと骨盤周りを支えるサポーターでした。

翌日も仕事だった為に、涙をながしながら何とかサポーターをつけてみると、驚くほどに痛みが軽減したのです。座ることも立つことも、食べることすら辛かったあの状態から、普通の状態とはまではいきませんが、通常の生活がなんとか送れるほどになったのです。驚いたT男さん、魔法のようだと喜びながらサポーターを付け続ける日々を過ごしていたのです…が…一週間程経ったある時に急激なかゆみに襲われ会社のトイレでサポーター部分を外してみてみると、そこは真っ赤にかぶれ、皮膚はうっ血状態、サポーターをしていなくても、まるでサポーターをしているかのように腰部分の色が変わってしまっていたのです。

もうお分かりですね、T男さんは、サポーターを直接肌にそのまま巻いていたのです。しかも、楽だからと眠る時までずっと装着していたのです。たしかにサポーターはつけると楽ですが、このように肌に直接上から装着すると確実にムレます。また、1日中つけていると薬同様段々と効果が薄れてきてしまいます。つけっぱなしではなく、痛みのピークの数日はなかなか外すことは難しいですが、ある程度症状が緩和してきたら辛い時以外は少し外してストレッチなどを行うことが大切です。

このようなサポート用品はあくまでサポートということを頭に置き、賢く利用するようにして下さいね。

あなたの姿勢大丈夫!?ぎっくり腰を予防する正しい立ち姿勢とは

どこの誰でも同じかと思いますが、ぎっくり腰に進んでなりたいと思う人はいません。経験者の辛さを見たり聞いたりしていたら、どうにかしてぎっくり腰にならないようにできるか、考えることでしょう。しかしながら、実際になってみなければ毎日の生活でぎっくり腰のことを考えることはほとんどなく、自分とは無縁の痛みと考えるようになってしまう人がほとんどでしょう。

その油断、過信によって何万人という人が辛い痛みと戦うことになってしまうのです。今回は日々の生活に組み込んで癖づけすることで簡単にぎっくり腰を予防できる姿勢をお伝えしたいと思います。

姿勢なんか気にしたところでぎっくり腰が予防できるの?そう思ったあなた。ぎっくり腰は腰部分への疲労や負担が蓄積されたところにちょっとした過度な負担が更に加わることにより簡単に引き起こされてしまうのです。毎日の姿勢を正すこと、侮ることなかれ、ちょっと気をつけるだけで腰への負担がぐっと軽くなるのですから大変おススメなのです。

まず、立ち姿勢ですが、あなたの立ち姿勢、本当にまっすぐ立てていますか??不自然に腰が突き出ていたり、猫背になっていたり、なかなか自分の姿勢を客観的にみることができませんから気づきにくいのですが、きちんと正しい姿勢で立つことができている人はとても少ないのです。正しい立ち姿勢のチェックの仕方はとっても簡単。壁に後頭部をつけた状態でまっすぐ立ってみてください。その際に、肩甲骨、おしり、かかとがきちんと壁についているかを確認してみて下さい。その姿勢が正しい立ち姿勢です。どこか一か所でも壁につかない、不自然、という人は身体がゆがんでいますので、腰部分だけでなく様々な場所に負担がかかっています。この負担がぎっくり腰を引き起こす原因の一つともなるのです。

最初は不自然さを感じるかもしれませんが、1日3回程、1回1分を目安に壁に正しく立ち、身体に正しい姿勢を覚えさせるのが良いでしょう。慣れれば壁等を使用せずに正しい姿勢で立てるようになるでしょう。日頃から正しい姿勢を身につけてぎっくり腰を予防しましょう。

ぎっくり腰の強い味方『腰痛ベルト』 持っていて損はありません

ぎっくり腰になってしまったとき、安静に休むことができれば何よりなのですが、世の中そうそうゆっくり安静にしていられる人は多くはありません。毎日仕事に行く人、自宅で家事、育児に追われる人、皆さん忙しい生活を送っていらっしゃるでしょうから、できる限り安静にとは言われるものの動かざるを得ないというのが実状ではないでしょうか。

では、そんな時にはどのようにして過ごせばよいのでしょうか?痛みに耐えながら仕事をこなし、子供を抱っこして、料理を作ったりしなければならないのでしょうか。ぎっくり腰の具合にもよりますが、あまりに辛い時、四つん這いから起き上がれなくなってしまうようなことも多くあります。起き上がることも辛いような状態で、日々の日常を送れと言うのはあまりに酷というものです。ですから、そんな時には無理をせずに、腰痛ベルトを使用しましょう。

この腰痛ベルトは、腰全体を包むタイプ、骨盤を包むタイプとありますが、どちらにしても、腰付近をきっちりと固定してくれますので痛みがぐんと和らぎます。また、動く際にも、無理な姿勢を作らせることはありませんので、腰に負担をかけることなく、痛みが和らぐまで過ごすことができるのです。

購入は病院以外でも簡単にできます。薬局だけでなく、大型スーパーやデパートの健康グッズコーナーなどにも多く取りそろえられています。また、ネットでも簡単に購入できますので、自分の痛みのタイプや、生活に支障が出ないタイプのベルトを選び着用することが好ましいと言えるでしょう。

痛みがなくなってもしばらくはベルトを付け続けることで、腰の炎症は治まります。また、痛みがひどくなる前に腰をぎゅっと固定することで炎症も最小限に抑えることができますので、腰痛持ちの人はぎりぎりまで我慢するのではなく、いつでも手に届く場所に保管し、少しでも痛みを感じたら着用するようにするのが良いでしょう。

トレーニングシューズを上手く使いウォーキングでぎっくり腰を予防!

ぎっくり腰になってしまう原因は様々です。重たい物を急に持ち上げることにより、腰に集中的に負荷がかかってしまい、腰付近の筋肉が炎症をおこしてしまったり、急に無理な運動をして、やはり同じように腰に負担をかけてしまい起こってしまったり…とにもかくにも、年齢等で腰回りの筋肉が低下してしまっているところにいつも以上の負担がかかることによって「ぎくっ」と腰を痛めてしまうことが原因となることが多くみられます。

このぎっくり腰、根本的な予防法はとても簡単なことです。腰回りの筋肉が弱り始めているから起こるのですから、その弱り始めている筋肉をもう一度鍛え直せばよいのです。若い頃のような筋力とまでは言いませんが、日々の生活での運動不足により低下した筋肉をある程度鍛え直すことはぎっくり腰だけでなく、身体全体のバランスを整えることにもつながりますので、健康面でもとても魅力的なことと言えます。

では、どのような方法で筋力を鍛え直すことが可能なのでしょうか。ストレッチや筋トレで腰回りの筋肉に直接働きかける方法も大変効果的ではありますが、「忙しくてそんなこととても毎日続けられない」というあなたの為に、今日はとっておきの方法をお伝えしたいと思います。

日々の生活の中に取り入れるだけでぎっくり腰予防になる方法、それはウォーキングです。ウォーキングと言うと、本格的でちょっと敷居が高そうな気もしてしまいがちですが、簡単な話、通勤通学、買い物の道のりをちょっと気をつけて歩くだけでよいのです。正しい歩き方を1日1時間程行うだけで筋力は少しずつですがついていきます。

コツは簡単、姿勢を正し、歩幅を少し広めにし、かかとから地面に着地し、つま先で地面をけり上げる。これを頭の中で意識しながら歩くようにするだけで良いのです。正しい歩き方で毎日過ごすだけで、ぎっくり腰を予防できるのですから損はありません。

もちろん、その中でもいつもよりひと駅分多く歩いたり、バス停でも1つ分前のバス停で降りて歩いたりということをプラスすれば更に効果が期待できます。しかしながら最初から無理をしてしまうと、歩くことが嫌になり、続けることができませんから元も子もありません。

無理せず、自然に正しい歩き方をできる様にまずは練習してみて下さいね。今はトレーニング様のシューズも様々なメーカーから出ています。リーボックのイージートーン等のシューズは履くだけで正しい歩き方を身体が自然に覚えてくれますので大変おススメです。ダイエットにも効果がありますので健康面でもますますおススメです。

健康面にもダイエット面にも効果てきめん一石二鳥な正しいウォーキングでぎっくり腰を予防しましょう。

あなたにもできる!簡単ストレッチでぎっくり腰の辛さを軽減!

腰部分に急激な負担をかけることによって引き起こされるぎっくり腰。誰しもが聞いたことがあり知っているこの症状、実際になったことがない人にとっては人ごとであるかもしれませんが、誰しもがなってしまう可能性をもっているとても恐ろしい症状なのです。重たい荷物を持ち上げたり、腰の筋肉が弱っている時にはおおきなくしゃみをしただけでも引き起こされてしまうこの恐ろしいぎっくり腰。ある程度の痛みの幅はありますが、もしあなたが運よくちょっとした痛みを感じる程度のぎっくり腰で済んだとしたら、決してそのままにしないでください。

「ぎっくり腰って痛くて痛くて仕方ないって聞いたけど、私のこの症状はちょっとした腰痛程度だし大丈夫大丈夫」と、そのまま日々の生活を過ごしてしまう人が大変多いのですが、この油断が大変危険なのです。このちょっとした痛みが蓄積され、筋肉部分に炎症を起こし、徐々に身体をむしばんでいくのです。そして、次にぎっくり腰を引き起こした時には倍以上の痛みを伴うことになってしまうのです。

ですから、このちょっとした痛みの時にストレッチできちんと直してしまうことが大切です。とても簡単な腰部分を伸ばすストレッチを行うだけで痛みも、炎症部分も楽になりますし、筋肉部分を鍛えることになりますのでこれを機に普段の生活の中に腰痛ストレッチを取り入れることをおススメします。

ぎっくり腰では温めることよりも冷やすことが大切と言われていますので、通常のストレッチのようにゆっくりお風呂につかった後に行うということは決してしないでください。ぎっくり腰になってしまった時はシャワーなどで済ませ、なるべく腰部分を温めないようにして下さい。

おこなう場所はあまりに柔らかすぎる場所は腰に負担がかかります。同じ様に固すぎる場所も良くありませんから、ベッド等の適度な柔らかさを持つ場所で、両足を伸ばし、ゆっくり深呼吸をしながら片足を曲げ、ひざ部分を両手でしっかり持ち、心地よい痛みを感じる部分まで胸部分に引き上げます。ゆっくり10数え足を戻し、反対側の足も同じように行います。これを眠る前などに3回程度行うことを日常の生活に取り入れる様にしてみて下さい。

腰回りの筋肉部分が鍛えられ、軽いぎっくり腰ならばかなり楽になり、再発を予防してくれます。もしも、軽い痛みではなく、ひどい痛みの場合は、自己判断はせずに病院に行き、医師の診断を受け、サポート用品などを使うようにして下さいね。

あなたのぎっくり腰にはコルセット?腰痛ベルト?どちらが効果的?

ぎっくり腰になってしまったときの強い味方であるサポート用品には腰痛ベルトやコルセットがありますが、この2つはどのよう違いがあるのか、なかなか知らない人が多いかと思います。どちらも炎症を起こし痛みを抱える腰付近を支えるのが目的となっていますが、この2つの大きな違いは簡単に言うと「幅」が違うのです。

腰痛ベルトはコルセットに比べ、細身になっていますので装着してもそこまで身体の動きは制限されません。どちらかと言えば、骨盤を支えるという表現がぴったりです。

コルセットは腰痛ベルトよりもかなり幅が広く、ウエスト部分全てを包み込むような形になります。ぎっくり腰だけでなく椎間板ヘルニア等の腰痛治療での保存治療にも用いられます。重度の症状を抱える人におススメで、こちらは腰痛ベルトよりもかなり動きが制限されますので、炎症を起こしてしまった腰部分に無理な負担を与えることなく、完治を目指すことを目的として作られています。

どちらも薬局や大型スーパーで簡単に購入できますので、自分の痛みがどの程度かしっかり見極めて選ぶのが良いでしょう。

注意事項として、このサポート用品をつけると痛みが最悪の状態からかなり改善されるため、ついつい無理をして動いてしまう人が多い為、余計に悪化して完治が遅くなるということがあります。ぎっくり腰の時に大切なのは「絶対安静」です。どうしても動かなくてはならないからつけているサポーターはあくまでサポートしているだけです。それを忘れずに身体をいたわりながら過ごすようにして下さい。

このページの先頭へ