ぎっくり腰

寝る姿勢を改善すればぎっくり腰は予防できる!

ぎっくり腰になると、身動きがとれない為というのもありますが、安静にする為にも寝ている時間が増えると思います。しかし、どんな体勢でも痛いものは痛いでしょう。少しでもその痛みを軽減でき、疲れにくい寝る姿勢をご紹介します。

実際のぎっくり腰経験者の方で1番人気があるのは横向きです。横を向き膝をかかえるように寝ることで、腰を曲げたままの状態を維持できると比較的痛みが少ない為といわれています。しかし、寝るときの姿勢は癖のようなもので、仰向けやうつ伏せでなければ眠れない方が多いのも事実です。つぎの項目は仰向け、うつ伏せそれぞれの寝方もあわせてご紹介しましょう。

仰向けに寝る場合は、足の下に高さを出します。ぎっくり腰になりたての頃であれば、極端な話、うつ伏せでも膝をかかえるようにして寝るのが良いと思います。しかし、その姿勢を保つのは至難の業ですので、補助してくれるものを膝の下にいれます。この時使うものとしては、固くて形が決まっているものよりも、毛布や布団など形をある程度自由にできるものが不快感が少なく良いでしょう。こうする事で、腰はまっすぐではなく曲がった状態をキープできますので楽だと思います。眠りについたあとは蹴飛ばしてしまう可能性がありますので、それを防ぐ工夫も必要かもしれません。

つぎに、うつ伏せの場合です。仰向けとは異なり、足に高さを出すと反り返ってしまうので逆効果です。うつ伏せの時は、腰に高さを出すのが良いでしょう。重要なのは腰を曲げたままにする事ですので、腰が楽になるくらいの高さを、枕や毛布をつかって作ります。腰に高さを出すにはお腹が圧迫されることになりますので、枕だけや毛布だけですと不快感がでる場合があります。「枕を毛布で巻く」など2つを組み合わせることで、自分の体と腰のカーブにあった補助具を作る事が安眠の秘訣でしょう。

さいごに、ぎっくり腰はよく寝ることはとても重要です。しかし、痛いみがひどく眠れないという方も多いでしょう。事前に姿勢を保つための補助具を作っておき、寝る前にバタバタしないようにしましょう。寝る予定の1時間くらい前から照明を小玉電球くらいまで落としておく事も、脳に寝るように信号が飛びますので効果的です。鎮痛剤も効きはじめる時間を計算して飲むと良いでしょう。自分にあった方法、姿勢で少しでも良い睡眠をとれるようにしましょう。


このページの先頭へ