ぎっくり腰

ぎっくり腰でもお風呂に入りたい!おすすめの入浴方法解説

ぎっくり腰は患部が炎症をおこしていることから、入浴は禁止にちかい表現で指導される場合が多いものです。しかし、ぎっくり腰になった直後のあの痛みでかいた嫌な汗を流したいですよね。そうでなくても、入浴は毎日欠かさない方がほとんどだと思いますので、数日入浴できないというのはなにかと厳しいのではないでしょうか。そこで、ぎっくり腰でもなんとかお風呂にはいれるように、入り方を解説します。

まずは準備です。湿布を患部に貼って患部の温度をなるべく冷たいままで保てるようにしましょう。湿布の上からは、あれば専用の防水シートがのぞましいですが、お金をかける必要もありませんので、ビニール袋で代用しましょう。ビニール袋を絆創膏などで固定すれば、短時間であれば濡れませんし、直接お湯がかかるのを防ぐだけでも準備をせずに入った場合と比較すると効果はあります。また、動けるときであれば簡単にできる入浴作業も、痛みにより動きをかなり制限されますので、ご自分が思っている以上に時間がかかるものです。事前の準備で少しでも悪化の可能性を防ぎましょう。

また基本ではありますが、湯船にはつからないことです。それでは意味がないと仰る方もいるかもしれませんが、汗を流す事はできますし、体をふくなどで対応した場合1番の問題となる洗髪もできます。また、シャワーは一部をぬらさないことに非常にすぐれておりますので、顔側からシャワーをあてるようにし、できるだけ背面にお湯がかかり続けないよう工夫しましょう。

治りかけで冷やすことを既にやめている場合は、つい油断して湯船につかってしまい悪化という事も少なくはありません。完全に治るまでの間で湯船につかる場合は、油断せずに必ずいつもより温度を下げて入るようにしましょう。


このページの先頭へ