ぎっくり腰

うつ伏せ?仰向け?横向き?おすすめのぎっくり腰の時の寝方

ぎっくり腰になった場合、仰向け・うつ伏せ・横向きでは、どの寝方が良いのでしょう。いままで腰痛には縁がなかった方もぎっくり腰になりますので、楽な姿勢を知らずつらいまま過ごしていらっしゃる方も多いようです。そこで、ぎっくり腰や腰痛の際に楽な姿勢をご紹介します。姿勢ばかりは個人差もありますので、ご自分に合わない場合は別の姿勢を試すようにしてください。

まず仰向けの場合、腰をまっすぐにするのはつらい場合が多いです。そこで両膝を曲げます。体育すわりと同じくらいの角度で、両膝を曲げた状態で寝ます。この時足の下には枕やクッションなど支えになるものを入れましょう。

次にうつ伏せの場合ですが、こちらも同じく、腰をまっすぐにしない工夫をします。こちらは枕やクッションでは高さの調節が難しい為、バスタオルやタオルケットなどが良いでしょう。バスタオルをたたみ高さを出し、それをお腹の下にいれてうつ伏せに寝ます。高さが足りない場合は枚数を増やして対応できます。

うつ伏せの場合の体勢は、もうひとつあります。これはつらい場合がありますので、ご自身の状態と相談して試していただきたいです。まずはうつ伏せになり楽なほうの足を地面からは離さずに横腹のほうにひき寄せるように持ち上げます。かえるの足のような格好といえば、イメージしやすいでしょうか。つらい体勢のように思えるかもしれませんが、多くの腰痛を持っている方が楽であると実施している方法です。同じ姿勢でずっと過ごすのは中々つらいものですが、この寝方であれば右足をあげているのがつらくなってきたら左足に変えるというように、姿勢をある程度動かすことができます。

最後に横向きの場合です。横向きの場合抱き枕をかかえるような姿勢が楽です。症状によって腰に丸みを出すのに少しのほうがいい方と、ボールを抱えるくらいしっかり丸まったほうが楽な方がいるようです。横向きも左右両方が動ける方法ですが、健康なときと同じように寝返りはうつのは難しいです。少し面倒ですが、最初から毛布などを使って自分の両サイドに傾斜をつけておくと楽になります。また、反対を向くときは体をねじるのではなく、頭から足先まですべて同じ方向をむけておくと楽です。足も伸ばすのではなく、丸くなったままでゆっくり転がると楽でしょう。

いくつかご紹介しましたが、最初に書いたとおり楽な姿勢は人それぞれです。痛みの少ないときにひとつずつ試していただき、ご自身に合う方法をみつけてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ