ぎっくり腰

記事一覧

テーピングでぎっくり腰の安静期間を短縮する方法

テーピングはみなさんのイメージにあるようにスポーツ選手がよく使っています。しかし、スポーツ用のテーピングと腰痛の時に使うテーピングは素材からして違っています。簡単にご説明すると、スポーツ用テーピングは伸びないテープを使用しており、痛いと思う位置まで曲がってしまわないように固定する為のものです。スポーツにはもちろん有効ですが、ぎっくり腰や腰痛では違います。腰痛用のテーピングは、伸縮性があるテープを用います。よく見る腕などをぐるっと1周まくような方法ではなく、筋肉の流れに沿って貼るものです。

自分で貼ることができればよいのですが、腰は両手がしっかり届く位置ではないので2人1組での実施をおすすめします。比較的簡単で効果的な貼り方をご紹介します。準備としてテープを20~25cmほどの長さでカットします。縦方向が長くなるように置き、下側5~7cmほどを残して上の残りを縦半分に切ります。ちょうど、アルファベットの「Y」の字のような格好になると思います。

何回も貼りなおしていては、患者に負担がかかりますしテープの無駄です。イメージしておく事ですんなり貼ることができますので、きちんとイメージを固めましょう。まずはYの字にカットしておいたテープをおしりの上のあたりから貼っていきます。1本足の部分を全て貼り終えてから、「Y」の上の部分はアルファベットの「U」のようにまるみを帯びた状態にして貼っていきます。この時のポイントとしては、テープを引っ張り過ぎない事です。皺がよるのを避けるためついつい引っ張ってしまうと思いますが、引っ張る力は最小限にしましょう。

イメージが固まったところで、実際に貼っていくわけですが、ぎっくり腰の方はあまり身動きがとれません。しかし、しっかりと貼る為には腰の皮膚をのばしきった状態を作らなければいけません。おすすめの方法は、横向きで寝る方法です。ぎっくり腰の方に横向きで寝てもらい、ひざをかかえるように丸まってもらいましょう。つらい場合はひざを少しひきよせる程度でかまいません。腰の皮膚がしっかり伸びた状態になれば準備完了です。上記でご説明したとおりの手順で貼ってみましょう。

貼る事自体はそこまで難しくありませんので、皆様問題ないかと思います。貼り終えたあとにまっすぐ立ってみるとテーピングに皺がよるので失敗とお思いかもしれませんが、これは失敗ではなく、正しい貼り方ができたという事になります。腰痛用のテーピングでは引っ張らずにはるので皺はよるものですし、先ほど前傾姿勢をとっていたので皺がよらないほうがおかしいのです。

貼る事自体に難しさはありません。やらずにずっと寝ているよりは、ためしに貼ってみたほうが有益ではないでしょうか。ここでは文章だけで書きましたが、専門書やインターネット上で図解での説明はたくさんありますので、あわせて参考にしてみてはいかがでしょう。

揉んで治す!?ぎっくり腰の時の揉むポイント解説

ぎっくり腰を揉んで治すなんてとんでもない!と思われるかもしれませんが、揉んで治す方法もたくさんあります。その一部をご紹介しましょう。

まず前提として、素人が自宅で試すのであれば患部は揉まないことが重要です。一般的に言われているとおり、ぎっくり腰の患部は炎症を起こしているので揉むと悪化してしまいます。整体師などの専門家が知識をもって患部を揉むのと素人が揉むのではわけが違いますので、絶対に避けましょう。

では、どこを揉むのか。実は1番効果的といわれているのは足の指を揉むことです。一日中歩いた日は足を揉むことで腰や肩まで楽になります。これは筋肉がつながっているからなのです。ぎっくり腰で腰が痛いが患部は素人では揉めない。そこで腰とつながっている足の指を揉むのです。患部と離れていますので、よくなる事はあっても悪くなることはありません。揉む指はすべての指でかまいませんが、両サイドで支えている親指と小指を重点的に揉み解しましょう。

お一人でどなたも手伝ってくださる方がいない場合は、足の指を揉むのは難しいかもしれません。その場合は手の指をもみましょう。手の指を揉むことは医療にも用いられている方法で自律神経のバランスを整える力があります。必ず5本指すべてに同じ揉み方をしましょう。理由は専門用語を用いて説明が必要なものである為ここでは避けますが、1本だけやるのは良くないとだけ覚えておきましょう。

揉む場所はそれぞれの指の爪の生え際です。親指と人差し指を使います。各指の付け根と第2間接の間で揉む指の爪の生え際を挟むようにすると、力がなくてもしっかりと押すことができます。痛いくらいではなく、気持ちいいで止めるのがポイントです。

足の指は手伝いが必要かもしれませんが、手の指であれば寝ていてもできる作業です。おなじ動けない状況であれば、その時間をマッサージで有効活用してみてはいかがでしょうか。

固定すれば動ける!ぎっくり腰の動けない状況から脱出しよう!

痛くて動けない、しかし休んでばかりもいられない。ぎっくり腰になると、こういった気持ちになる方が多いです。もちろん休めるのであれば休みたいですが、現実はそうはさせてくれません。しかし焦りは禁物です。ぎっくり腰の患者はこうした焦りのせいで、快復を自ら遅らせてしまう場合が少なくありません。そこで、快復を早め動く時に少しでも楽になるグッズと使い方をご紹介します。

ぎっくり腰は椎間板が微妙にずれて炎症をおこし、筋肉が本来の役割をはたせずに激痛をともなうというものです。この微妙なずれを、弱った筋肉の変わりに支えてくれるものがコルセットです。ドレスの下につけるような補正用のものではなく、腰痛専用のものを使用しましょう。ドラッグストアや薬店で普通に購入する事ができますし、外出が困難な場合は通販やオンラインショップでも多数みかけますので、容易に購入できるでしょう。

さらしを巻くという方法もありますが、固定力で言うとコルセットの右に出るものはありません。以前はつけると苦しいものもたくさんあり嫌煙されている時期もありましたが、最近では改良が進んでいるようで、しっかり固定してくれて苦しくないものがほとんどです。さらしのように1本で巻くのではなく、メインの1枚を巻いたあとに、更に上から腰を支えるように背中でクロスして巻けるような仕組みになっているものがしっかり支えてくれて快適です。

コルセットを巻くと、思った以上に動けます。その為、いつも通りに動いてしまい快復が遅れるというのはつまらない話です。ですからコルセットで楽に動けても、絶対に無理をする事はやめましょう。また、立ち上がるときに腰から立つなどの基本の行動は忘れず続けましょう。

弱った筋肉をバランスの良い食事やゆっくりと安静にして睡眠をとるなどで、自然に快復させたい気持ちはよくわかります。それでも普段の生活を少しでも早く取り戻さなければならない世の中です。そのような時は筋肉の変わりに支えてくれるコルセットなどに頼ってみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

ぎっくり腰の対処法!温湿布と冷湿布あなたはどちらを選ぶ!?

ぎっくり腰になると、調べたり聞いたりする中で冷やそうと思われる方も多いと思います。これは正しい方法で、炎症を起こしている患部を直接冷やす事で痛みをやわらげることができます。冷やす際、身近にあって使いやすいもののひとつとして湿布が思い浮かぶのではないでしょうか。ドラッグストアに行って湿布コーナーをみると、有名どころから見知らぬものまで、驚くほど多くの湿布が陳列されていると思います。どれを使っていいのかわからない、そんな方の為に選ぶポイントをご紹介します。

そもそも冷湿布は冷やすもので、温湿布は温めるものと思っていませんか?これは間違いで、冷湿布も温湿布も患部を冷やす効果は同じなのです。湿布の肌に触れる面に仕掛けがあります。湿布表面のジェル上のやわらかい部分がありますが、この部分の成分がリップクリームなどでよく聞くメントール系が配合されているものが冷湿布。イメージしやすいもので言うとトウガラシに含まれるカプサイシンなど、温感をもたらす成分が配合されているもが温湿布です。その為、冷湿布は貼るとひんやりし、温湿布は貼るとぽかぽかと温かく感じられます。

専門機関の実験の結果、この2つの湿布では体感温度の差と皮膚表面に温度差はありましたが、内部の筋肉などの温度を計測するとそれぞれ同様の結果になり効果に差は無いのが証明されています。皮膚表面が冷たく、及び温かくなり本人が「心地よい」と感じる事で脳にも「心地よい」という信号が伝わります。その為「心地よい」の反対にあたる「痛い」、「つらい」という感覚は薄れ、痛みの緩和につながるのです。

さて、そうなるとぎっくり腰にはどちらの湿布が適しているのかが見えてきます。答えは簡単で自分が「心地よいと」を選ぶことです。

起き方で避けられる?ぎっくり腰を予防する起き上がり方

ぎっくり腰になる人の約9割の方が、仰向けの状態からそのまま起き上がる方法をとっています。しかしこれは非常に腰に負担がかかる起き方なのです。逆に言うと起き方次第ではぎっくり腰になることを防げるかもしれません。では、腰に負担がかからない起き方とはどのような方法なのでしょうか。

少しだけでかまいませんので、毎朝少し早めに起きてください。ここですぐ起きあがってしまわずに、まずは準備体操をします。小さい時から体育などで激しい運動をする前は、準備体操をしましたよね。それと同じで体を温め筋肉を起こしてあげる事が重要です。準備体操といっても、ラジオ体操のように立ってするようなものではなく寝たまま行います。片手ずつ自分の前、上、横に大きく手を広げもとの位置に戻す、これを両手ともおこないます。次に足ですが、こちらも片足ずつゆっくり気持ちいいくらいの高さまでひざをお腹に引き寄せるように持ち上げます。これを両足行って準備体操は完了です。

準備体操をしたからといって、仰向けのまま起き上がっては意味がありません。準備体操が終わったら横向きに転がりましょう。横向きになる場合、ぴったりと足をそろえるのではなく、上にくる足を少し前にずらして布団にくっつけるようにした状態がより良いでしょう。これで準備完了です。いよいよ起き上がるわけですが、この時ひじと手でしっかり体を支えながらゆっくり起き上がりましょう。寝ぼけている状態では忘れる場合もあるかもしれませんが、慣れると無意識に同じ方法で起きられるようになります。無意識にしていることでぎっくり腰や腰痛になるのを防げるのであれば、損はないと思いませんか。

腰痛をもともともっている人は、こういった腰に負担がかからない起き方を無意識にするようになります。しかし、ぎっくり腰は突発的に誰にでも起こるものである事から、こういった知識がなく快復が遅れる場合も多くあります。普段の起き方から見直すことで予防にもなる、腰に負担をかけない起き方を日ごろから心がけてはいかがでしょうか。

うつ伏せ?仰向け?横向き?おすすめのぎっくり腰の時の寝方

ぎっくり腰になった場合、仰向け・うつ伏せ・横向きでは、どの寝方が良いのでしょう。いままで腰痛には縁がなかった方もぎっくり腰になりますので、楽な姿勢を知らずつらいまま過ごしていらっしゃる方も多いようです。そこで、ぎっくり腰や腰痛の際に楽な姿勢をご紹介します。姿勢ばかりは個人差もありますので、ご自分に合わない場合は別の姿勢を試すようにしてください。

まず仰向けの場合、腰をまっすぐにするのはつらい場合が多いです。そこで両膝を曲げます。体育すわりと同じくらいの角度で、両膝を曲げた状態で寝ます。この時足の下には枕やクッションなど支えになるものを入れましょう。

次にうつ伏せの場合ですが、こちらも同じく、腰をまっすぐにしない工夫をします。こちらは枕やクッションでは高さの調節が難しい為、バスタオルやタオルケットなどが良いでしょう。バスタオルをたたみ高さを出し、それをお腹の下にいれてうつ伏せに寝ます。高さが足りない場合は枚数を増やして対応できます。

うつ伏せの場合の体勢は、もうひとつあります。これはつらい場合がありますので、ご自身の状態と相談して試していただきたいです。まずはうつ伏せになり楽なほうの足を地面からは離さずに横腹のほうにひき寄せるように持ち上げます。かえるの足のような格好といえば、イメージしやすいでしょうか。つらい体勢のように思えるかもしれませんが、多くの腰痛を持っている方が楽であると実施している方法です。同じ姿勢でずっと過ごすのは中々つらいものですが、この寝方であれば右足をあげているのがつらくなってきたら左足に変えるというように、姿勢をある程度動かすことができます。

最後に横向きの場合です。横向きの場合抱き枕をかかえるような姿勢が楽です。症状によって腰に丸みを出すのに少しのほうがいい方と、ボールを抱えるくらいしっかり丸まったほうが楽な方がいるようです。横向きも左右両方が動ける方法ですが、健康なときと同じように寝返りはうつのは難しいです。少し面倒ですが、最初から毛布などを使って自分の両サイドに傾斜をつけておくと楽になります。また、反対を向くときは体をねじるのではなく、頭から足先まですべて同じ方向をむけておくと楽です。足も伸ばすのではなく、丸くなったままでゆっくり転がると楽でしょう。

いくつかご紹介しましたが、最初に書いたとおり楽な姿勢は人それぞれです。痛みの少ないときにひとつずつ試していただき、ご自身に合う方法をみつけてみてはいかがでしょうか。

ぎっくり腰で救急車?まずは自分で痛みを緩和しよう!

ぎっくり腰は突然おこり、なってしまった場合痛くて動くことなんてできないと焦ります。お世話になりたくないと思っていても、救急車を呼ぼうとまで思うことも珍しくはありません。しかし、一般的にぎっくり腰はなったばかりは激痛と身動きがとれない状態になりますが、楽な姿勢でしばらく安静にする事で救急車を呼ぶほどの痛みはなくなる場合がほとんどです。かといって、あの痛みをずっと我慢するのはつらいと思いますので、痛みの緩和方法をご紹介します。

まずは冷やします。捻挫などをした際は炎症をおさえる為に湿布などで冷やし、そうすることで完全に痛みがなくなるわけではありませんが、緩和された記憶があるのではないでしょうか。ぎっくり腰も同様で、患部は炎症をおこしていますので冷やすことで痛みはやわらぎます。逆に温めると炎症は促進されますので、痛みが増します。ですから、できる限り入浴は避け、じっくり冷やす事を心がけましょう。

痛みは度合いによっては耐えられない場合もあると思います。常用するのはあまりおすすめできませんが、たまに使う分には鎮痛剤も有効です。一般的な頭痛などに用いる市販の鎮痛剤でかまいませんので、飲むのもひとつの方法です。しかし、鎮痛剤は痛みを感じなくするのに効果はありますが、もともと炎症は体内で修復が行われている際に発する熱で起きていますので、炎症を抑えることで快復は遅れます。じっくり時間をかけて治療ができる環境であれば、鎮痛剤と患部を冷やすアイシングをする事で痛む苦痛をやわらげながら快復を待つことができるでしょう。

お仕事などの都合で、ゆっくり待てない方も多いと思います。その場合はぎっくり腰になってしまった当日は冷やして痛みを緩和させる事を優先し、ある程度痛みがおさまり動けるようになったタイミングで病院にいかれることをおすすめします。専門家に相談すると、状態によっては冷やすのをやめ、温める方法に切り替えることもあるようです。まずは痛みを緩和させる事を優先し、アイシングで根気強く冷やしてみてはいかがでしょうか。

ある程度動けるようになったあとの痛みの緩和方法ですが、テーピングが理想的です。しかし、知識がないとテーピングは難しく大変だった割には効果がない場合があります。最近はドラッグストアなどでも多くみかけますが、腰痛用のサポーターやコルセットが大変効果的です。1度病院にいって、保険適用のサポーターなどを処方してもらうのも良いでしょうし、市販のもので対応されても十分効果は得られるでしょう。また、サポーターをしているからと安心せずに、立ち上がるときは腰を起こしてから状態を起こすなど、少しでも腰への負担を減らすことも忘れないようにしましょう。

楽な姿勢は人それぞれ!ぎっくり腰で安静にする方法と期間

ぎっくり腰になると、すぐ病院へと思われるかもしれませんが、2~3日安静にして痛みがある程度おさまってから病院へ行くほうが早く快復する場合が多いと言われています。安静にする姿勢など、調べると多くみつかりますがよく考えてみてください。誰かにとって安静な姿勢であったとしても、あなたにとっては苦痛な姿勢かもしれません。

まずは、ご自信で楽な姿勢を探してみましょう。知人はぎっくり腰になった際、まっすぐに立っている状態が楽で曲げるとつらいと言い、ずっと立って過ごしていました。このように、一見つらそうな姿勢がその人にとっては楽な姿勢の場合もあります。

楽な姿勢を探すのすら困難な症状の方の為に、一般的な楽な姿勢もご紹介致します。合うか合わないかは人それぞれですので、試してつらかった場合はやめて他の姿勢をみつけていただければと思います。

ひとつは仰向けです。足を伸ばした状態の仰向けはつらい場合が多い為、ひざを曲げた状態の仰向けが良いでしょう。長時間動かないでいられるならば、曲げたひざの下にクッションや枕を置いて支えるのが簡単に楽な姿勢を作れる方法だと思います。クッションや枕は高さの調節が難しいと思いますので、少し面倒かもしれませんが、お勧めは毛布や布団です。これを好みの高さになるようにたたんで曲げたひざの下に入れる事で、しっかりと高さがあった支えができますので、長時間の同じ姿勢でも他の部分につらさをあまり感じずにすみます。

もうひとつは横向きの姿勢で、腰を丸めるようにするものです。普段仰向きで寝ている方は、横向きに慣れずつらい場合が多いです。ここでもクッションやたたんだ毛布、布団を活用しましょう。何かに抱きついていると一人で横向きを維持するより幾分か楽になります。また、背中側を壁面に持ってくるなどし反対側からも支えるような環境を作ればより楽に姿勢を維持できるでしょう。

人間は安静と言われると食事をしっかりとるというのがセットでイメージされると思いますが、極端に言えば食事はとらないほうが改善は早いでしょう。食事をすると食べたものを消化するのに労力を使います。ぎっくり腰の治癒に使っていた労力が、半分食事の消化に持っていかれるわけですから、食べなかった時と比較すると快復は遅くなります。ただ、食事を抜いたことでお腹がすき、お菓子を食べてしまうなど間食をするくらいであれば間違いなく食事をとったほうがいいです。ここで言いたいのは、無理して食事を抜こうという事ではなく、食べられるのであれば栄養バランスを考え食べる、痛みで食欲がないのであれば、食べないことも安静にするひとつの方法であるという事です。

一般的に安静の期間は2~3日と言われていますが、判断基準は痛みが酷いかどうかです。これらの方法を試し痛みがひいてきたと思うのであれば、ぜひそのタイミングで一度病院へいきましょう。

ぎっくり腰の対処法は家庭にあるもので簡単にできる!

ぎっくり腰は本当に突然やってきます。発症してから対処を試みると思いますが、常備薬などは無いし、痛くて買いにも出られないとお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、数あるぎっくり腰の対処法の中で、ご家庭にあるもので簡単にできる対処法をご紹介したいと思います。

まずは患部をしっかり冷やしましょう。どの家庭にもまずあるであろう、氷と水を使って冷やすのがとても有効です。ぎっくり腰は簡単に言えば炎症です。捻挫をした時に冷やすのと同様に、ぎっくり腰も患部は炎症し熱をもちますので、冷やすことが対処法といえます。人によって様々だと思いますが、ほとんどの場合まっすぐな姿勢になれないと思いますので、無理にまっすぐな姿勢をとるのではなく、自分が楽だと思う姿勢で冷やすのが良いでしょう。

また、冷やすというと氷で冷やしたくなる方が多いと思いますが、ぎっくり腰の対処法の場合は長時間かけてしっかり冷やすのを目的としています。氷嚢が理想的ではありますが、すぐに出てくるところにある家庭は限られているでしょう。そこで、ビニール袋を二重にするなど水漏れの対策をしっかりします。そこへ氷を少し、水をたくさんいれて患部にあててください。お一人の場合は、患部にあてるのすら辛い場合がありますが、壁際に寝て枕をたてかけ、枕と自分の体で氷水の袋を挟むなど、道具がなくても手をつかわずに患部に当て続ける事はできます。この動作すら厳しい場合は、早めに医師への相談をおすすめしたいです。

ぎっくり腰になった場合の避けていただきたい事も書いておきます。上述で冷やすのを良い対処法としておりますので、反対の温めるのは悪い対処法になります。日常生活で体の背面を温めるといえば入浴ですね。日本人にはお風呂や温泉で温まれば体にいいというイメージが少なからず頭にあると思いますが、ぎっくり腰の初期にこれは当てはまりません。お風呂は極力避け、タオルで体を拭くなどで凌いでいただきたいです。落ち着くまでの2~3日の間は入浴できない事で不快かもしれませんが、入浴を我慢する事で、ぎっくり腰の快復を妨げるのを防ぐことができるでしょう。

どちらもご家庭にあるものと、自分の気持ち次第でできる対処法です。お風呂は避ける、とにかく冷やす。ぜひお試しいただければと思います。

ぎっくり腰の時に患部を温めた場合のメリットとデメリットを知ろう

ぎっくり腰は一般的に、お風呂も避けたほうが良いとされるほど温めるのは良くないと言われています。では、なぜ温めるとよくないのかはご存知でしょうか。温める事でのどのようなメリットとデメリットがあるのかをしっかり把握し、時間と痛みどちらを取るかで対処法を変えてみてはいかがでしょう。

少し前までは、ぎっくり腰は冷やして治すというのが当たり前でした。しかし、近年になって全く逆の温める方法が注目を浴びています。ぎっくり腰の炎症はなぜ起きるかを考えると答えがでてきます。それは患部を治すために体内で修復作業が行われているためです。つまり、温めることで体内の修復作業は促進され、それによって快復が早くなるという事です。

温める場合は、貼れるタイプのホッカイロが適しています。抑えておく必要はなく、朝貼れば夕方までは温めてくれます。寝ている間に貼りたいと思われるかもしれませんが、低温火傷の危険性がある為さけましょう。また、使用上の注意にも記載されていると思いますが、必ず衣服の上から貼り、直接貼らないようにしましょう。快復が早くなるのであれば温めれば良いと思いがちですが、残念ながらデメリットもあります。

デメリットとして、炎症を起こして熱をもっている部分を更に温めるわけですから、当然痛みを伴います。ぎっくり腰になり既に痛いという状況で、更に痛くするのは誰でも避けたいものです。ですから一般的には患部を冷やし、温めた場合と比較すると修復作業は遅れますが、痛みを緩和する事ができる冷やす方法が多く用いられていましたし、現在も多くの方が冷やす方法をとっているのです。

治療に時間をかけられる方は、ぜひ冷やす方法をご選択いただきたいですが、お仕事や家事にすぐにでも復帰したい方が多いのが現実だと思います。痛みの度合いは個人差が大きいようですが、そこまで痛みが増えなかったという経験談があるのも事実です。ここまで書いたとおり、時間をかけて痛みの少ない方法と、痛いけれど冷やした場合より快復にかかる時間が短くなる方法があります。

病院でも医師が取り入れている方法によりどちらを患者に伝えるかが異なるようです。皆様にも、まず選択肢があることを知っていただき、自身での判断材料としてご活用いただければと思います。また、可能であれば医師や専門家にも相談をし、ご自身にあった方法で対処いただければと思います。

このページの先頭へ