ぎっくり腰

ぎっくり腰そっくりな背中の痛みは一体何?背中にもぎっくりが・・?

何かの拍子に突然腰に激痛が走り、動けなくなってしまうのがぎっくり腰です。皆様も一度は耳にされたことがあると思います。しかし、このぎっくり腰と同じような症状が、背中にも起こることがあるのをご存知でしょうか。

ぎっくり腰同様、重い物を持ち上げたり、身体を捻ったり、くしゃみやせきなど、何かの拍子に背中に激痛が走り、動かせなくなってしまうのです。腰もつらいですが、背中もかなりつらいものです。背中の部分には内臓もありますし、範囲も広いので、ひどいと息をするのにも痛かったり、寝たきり状態で起きられなかったりする場合もあります。

対処法もぎっくり腰と同じで、痛みの激しい数日間は安静にして休んでいることが第一です。そして患部を湿布などで冷やして、痛みを軽減させましょう。入浴や温湿布などで温めてしまうと、血行が良くなって痛みがひどくなってしまうので避けてください。

きっかけは些細なことで起こる、この背中の痛みですが、実は筋肉に疲労が溜まり、緊張している場合に起こりやすいのです。肩こりや腰痛が原因で、筋力が低下している場合にも起こりやすいです。弱っている筋繊維が何かの拍子に傷付いてしまうというわけですね。いわゆる腰の捻挫だと思っていただければわかりやすいでしょう。

ですから、職業柄、日頃から背中に負担が掛かり、疲労が蓄積されている方や、肩こり腰痛など、背中と密接な筋肉が緊張している方などは、特に気を付けていただきたいと思います。普段から姿勢や動作を正しくしたり、腹筋や背筋を鍛える運動などを習慣付けると良いでしょう。

それでも、背中がぎっくりになってしまったら、まずはしっかり治すため、痛みが治まったらストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐし、温めて血行を良くするなどの処置をしてください。一度傷んだ筋肉はなかなか元通りにはなりませんから、気長にリハビリし、その後再び繰り返さぬよう、運動などで筋力を付け予防をしましょう。

ただ、気を付けねばならないのが、背中のぎっくりの場合、内臓の疾患から痛みがきている場合も少なからずあるということです。あまりにも痛みが激しい場合や、なかなか痛みが治まらない場合は、早めに整形外科を受診し、レントゲンなどの検査を受けてください。他の病気が原因となっていないかを調べてもらうことは重要です。


このページの先頭へ