ぎっくり腰

ぎっくり腰は腰の痙攣!ダメージを最小限にする苦肉の策だった・・

ぎっくり腰と言えば、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子に、腰に強い力が加わったのをきっかけに起こります。そうした何かのきっかけで、腰の筋肉が痙攣を起こし、「グキッ」と激しい痛みが走り、動けなくなってしまいます。

筋肉の痙攣というのは、強い力が加わった時に、断裂などのダメージを防ぐため、筋肉の動きをストップさせる状態です。ですからほとんどの場合、ぎっくり腰というのは腰の捻挫に留まります。痙攣と言っても、足がつった場合のような硬直状態とは違い、腰の筋肉が炎症を起こしているものですから、揉んだり温めたりといった対処は逆効果となるので注意してください。

ぎっくり腰の対処法としては、まず2、3日続く激痛の時期には絶対安静と保ち、痛みを軽減させるために氷や湿布で患部を冷やすことが第一です。痛みは一週間ほどで治まりますので、それまでは決して腰に負担を掛けぬよう無理をせず、入浴などで温めることも避けましょう。痛みが悪化して、完治も遅くなってしまいます。

ぎっくり腰のほとんどが、こうした筋肉の痙攣から起こるので、炎症の痛みが治まれば問題はありませんが、もし数週間ほど経っても痛みが治まらないようであれば、他の病気が原因となっている場合もありますので、整形外科を受診し、レントゲンを撮って検査をしましょう。

そして、痛みが取れたら、ストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐしてリハビリし、完治後も腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えたりして、再び痙攣が起きないようにアフターケアをしましょう。一度筋肉を傷めると、元通りになるまでは繰り返しぎっくり腰になりやすいものです。普段から腰に負担を掛けないような姿勢や動作を心掛け、疲労が溜まって筋肉を傷めないよう、こうしたケアを十分にしてください。整体院や鍼灸院などに通い、定期的なメンテナンスをするのも効果的でしょう。


このページの先頭へ