ぎっくり腰

目が覚めたら起き上がれない?ぎっくり腰のいたみは動くなのサイン!

ぎっくり腰は、突然何かの拍子に起こります。中でも多いのが、思い荷物を持ったり、腰を曲げたり捻ったり、くしゃみをしたりといった場合に「ぐきっ」となってしまう場合です。あと、意外に多いのが、朝起きたらぎっくり腰になっていて、起き上がれないといった場合です。ぎっくり腰になると、激痛でそのまま動けなくなり、ひどいと起き上がることも出来ません。

この起き上がれないほどのひどい激痛は、通常2、3日続きます。この間は、絶対に無理に動こうとしないで、安静を保ってください。そして、患部を湿布や氷などで冷やし、血管を収縮させ、少しでも痛みを軽減させましょう。本来であれば、整形外科に行き、レントゲンなどの検査を受け、原因や状態を診断してもらうことも大切なのですが、起き上がれないのを無理して受診する必要はないでしょう。少し痛みが治まってからでも十分ですし、痛みなどが残らず完治してしまえば、そのままでも大丈夫です。

ぎっくり腰の痛みは、最初はそんなにひどくはなくても、段々悪化してしまうことがよくあります。動けるからと油断していると、起き上がれないほど痛みがひどくなってしまう場合もあるのです。ですから、痛みのひどい2、3日は絶対安静が必要なのです。あと、誤って入浴や温湿布などで温めてしまいますと、痛みが悪化してしまう場合もあるので気を付けましょう。

また、起き上がれないほどの痛みを何とかしたいと、無理をして整骨院でマッサージなどを受けるのもおすすめ出来ません。ぎっくり腰というのは、腰の捻挫です。繊維組織に傷がついている状態ですので、マッサージで傷を悪化させてしまう場合もあります。起き上がれないほどの時は、動かすなという身体からのサインだと受け止め、痛みが引くまではじっと我慢が大切なのです。無理した挙句に悪化してしまっては元も子もありません。


このページの先頭へ