ぎっくり腰

ぎっくり腰から足の痛みが・・そんな時は他の病気が隠れているかも

ぎっくり腰の痛みは、動けないほどの激痛が2,3日続きます。その後段々痛みも取れ、数週間で完治となります。しかし、中には、その後も足の痛みが残ってしまうという人もいます。その場合に最も多く考えられるのが、椎間板ヘルニアを起こしているという可能性です。

そもそもぎっくり腰というのは、きっかけは重いものを持ったりした時など、急激に腰に強い力が加わった場合に起こりますが、もともと腰に疲労が溜まっていたり、他の病気が要因となっている場合が多いものです。その要因のひとつに椎間板ヘルニアも含まれます。つまり、椎間板ヘルニアによってぎっくり腰を引き起こすこともありますし、逆に、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアを発症する場合もあるということなのです。

椎間板ヘルニアというのは、椎間板の一部が突出して、神経に触るために痛みを感じるものです。腰痛や脚の痛みを引き起こします。ひどいと手術に至る場合もありますが、ほとんどがコルセットなどで固定したり、整体院・鍼灸院などのリハビリで回復します。腰痛持ちの人の多くがこの椎間板ヘルニアの場合があり、そういった要素から、ぎっくり腰のような腰の炎症を引き起こすというケースがあるのです。

また、ぎっくり腰の後に足の痛みが残る場合としては、坐骨神経痛である場合も考えられます。坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアが原因でも起きるので、両者は密接な関係があります。しかし、坐骨神経が圧迫される原因としては、内的にも外的にも様々な要因が考えられるので、生活習慣も深く関わってきます。

このように、ぎっくり腰には、他に様々な病気が併発している場合もあるので、もしぎっくり腰の痛みが引いても、腰や足の痛みが残っている場合は、整形外科を受診し、MRIなどの検査を受け、正しい診断をしてもらいましょう。早めの診断で、ぎっくり腰も他の病気も、しっかり治すことが大切です。


このページの先頭へ