ぎっくり腰

ぎっくり腰を引き起こす筋肉疲労は、頭痛まで引き起こすって本当!?

何かの拍子に突然、腰にグキッと激しい痛が襲うぎっくり腰。その激痛は、なったら最後、2、3日は動けないほどのつらいものです。きっかけは重い物を持ち上げたり、身体を捻ったり、くしゃみをしたりといったことで、腰に急激な力が加わった時に起こりますが、実はもともと腰の筋肉に疲労が溜まっている状態の時に起こりやすいのです。

そして、腰の筋肉に疲労が溜まっている場合、密接に繋がっている首や肩の筋肉も疲労している場合がよくあります。そのため、ぎっくり腰の症状として頭痛を併発することもあります。首や肩の筋肉に疲労が溜まり、緊張状態になると、血管が収縮し、脳に血液が十分行き届かなくなります。すると、脳が酸素不足になり、頭痛を引き起こすのです。

特に、普段から長時間のデスクワークや車の運転など、腰と同様に首や肩にも負担が掛かっている人の場合には、ぎっくり腰で腰の筋肉が損傷し炎症を起こしたことで、更なるダメージを受けているものです。そしてそのために頭痛を併発する場合が多いのです。ですから、そういった職業の人は、普段からなるべく腰や首・肩に負担が掛からないような姿勢や動作を心掛け、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐしたりといったメンテナンスが必要です。

そのうえ、一度ぎっくり腰になると、傷ついた筋肉が元通りになるまでは繰り返し起こりやすいものです。健康的な生活改善と共に、整骨院や鍼灸院に定期的に通うなど、アフターケアも大切です。筋肉の状態を完治させ、効果的な予防を心掛けましょう。

しかし、痛みのある間はもちろん安静を保つことが大切です。腰痛も頭痛もとにかく安静にして早く治しましょう。だいたい一週間ほどで痛みは治まりますが、もし数週間経っても痛みが治まらない場合は、他の病気が要因となっていることもありますので、早めに整形外科を受診し、レントゲンでの診断を受けましょう。


このページの先頭へ