ぎっくり腰

実は因果関係のある股関節とぎっくり腰・・その関係を探る!

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子に、腰に急激な力が加わって起こります。突然「グキッ」と激しい痛みに襲われ動けなくなってしまう辛いものです。しかしこういった直接の原因はきっかけに過ぎず、もともと疲労が溜まった筋肉に起こりやすといわれます。

重い物を運んだり、長時間のデスクワークや車の運転をしたりする職業の人にぎっくり腰が多いのは、普段から腰への負担が大きく、筋肉に疲労が溜まっているためです。この様な状態に、大きな負担となる力が加わると、筋肉に傷が付き、炎症を起こしてしまいます。これがぎっくり腰なのです。

そして、こういった腰への負担は、もちろん椎間板にも負担が掛かっている状態なので、中には椎間板が変形してしまう場合もあります。すると股関節に痛みを感じますが、この股関節の痛みも、実はぎっくり腰とは密接な関係があるのです。股関節の痛みは、椎間板のズレや変形によって飛び出した部分が神経に触って起きる、いわゆる椎間板ヘルニアである場合が多く、この椎間板ヘルニアは、実はぎっくり腰の要因ともなります。また、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアを併発する場合も有り、両者はよく混同されるのです。

どちらの場合にも言えることは、痛みの激しい間は安静にして動かさず、患部を冷やして痛みを軽減するのが第一だということです。そして痛みが取れても、腰への負担が掛かる仕事の場合、コルセットを着用して股関節を固定しましょう。ズレや変形を矯正することで痛みを無くします。

そして、痛みが取れたら、今度は固まった筋肉をストレッチやマッサージでほぐし、ぎっくり腰のリハビリをしましょう。一度痛めた筋肉は数年は元に戻らず、再発を繰り返します。股関節のズレや変形がある場合はなおさら、運動や整体で股関節の治療をしながら、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛え、繰り返し起こらないよう予防のためのアフターケアが大切です。整体院や鍼灸院で定期的にメンテナンスをしてもらうのも良いでしょう。

普段から腰への負担を軽減する姿勢や動作を心掛け、疲労が溜まったと思ったらコルセットを付けたり、腰回りの筋肉や股関節をほぐすなど、早めの対処をすることが大切です。


このページの先頭へ