ぎっくり腰

動けないのはぎっくり腰の代名詞!?動けない時は安静第一で

重い物を持ち上げたり、何かの拍子に身体を捻ったり、くしゃみをしたりと、腰に急激な力が加わった時に、「グキっ」と激しい痛みに襲われるのがぎっくり腰です。こうなったら最後、激痛が走り、動けなくなってしまします。

この激痛は2、3日続き、その間は動けません。この時期に無理をして動かしてしまうと、痛みがひどくなってしまったり、回復が長引いてしまったりします。動けないほどの痛みのある時は、動かすなという身体からの命令だと思って、絶対安静を心掛けましょう。ぎっくり腰というのは腰の捻挫です。筋肉組織に傷が付いてしまった状態なので、無理して動かすと悪化してしまいます。

また、この時期は、患部を氷や冷湿布などで冷やし、血管を収縮させることで、少しでも痛みを軽減させることも大切です。入浴や温湿布などで温めてしまうと、痛みがひどくなる場合もあるので、注意が必要です。

2、3日経つと、痛みも取れてきて、動けるようになりますが、まだこの時期は無理をして動かしてはいけません。痛みがひどくなったり、動けなくなったりしてしまいます。一週間ほどは、仕事なども、様子を見ながら無理なく復帰するようにしましょう。

そして2、3週間経つと、ほぼ完治となります。もう普段通りに動いてかましません。しかし、長いこと動けないでいた腰の筋肉は、固くなってしまっている場合が多く、完治してもすぐには動けないといったこともあります。

ですから、数週間たって痛みも無くなったら、ストレッチなどをして、筋肉を柔らかくすると良いでしょう。整骨院でのマッサージや、鍼灸院などに通うのも良いですね。ひどい痛みから、動かすことへの恐れも感じる人がいますが、ある程度回復したら、こうして思い切ってリハビリを始めてみましょう。

さらに、そうした定期的なメンテナンスをすることで、ぎっくり腰の再発予防にもつながることでしょう。

このように、ぎっくり腰は、動けないほどの痛みがあるからといって重傷というわけではありませんが、痛みが取れても動けなかったり、いつまでも痛みが取れずに動けなかったりした場合は、他の病気の可能性も考えられるので、病院で早めの検査を受けるのが良いでしょう。


このページの先頭へ