ぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みは内出血!?捻挫は筋肉の傷なのです!

ぎっくり腰というのは、何かの拍子に腰の筋肉に強い力が加わって、筋繊維が断裂してしまうことによって起こります。いわゆる腰の捻挫状態です。捻挫ですから、筋肉や靭帯が損傷し、内出血を起こしている状態です。この内出血による腫れが神経を圧迫するため、激しい痛みが起こるのです。

そのため、ぎっくり腰になると、ひどい激痛のため動けなくなってしまいます。この激痛が続く2、3日は、内出血や炎症を抑えるために、患部を冷やし、血管を収縮して痛みを軽減させましょう。氷や冷湿布、冷却ジェルなどで冷やしてください。そして出来るだけ動かさず安静にしていることも大切です。傷と同じなのですから、動かさず冷やすことが一番の治療となります。

反対に、入浴や温湿布などで温めると血行が良くなり、痛みがひどくなってしまいますし、マッサージなどで揉んだりするのも良くありません。傷があるのですから、揉めば炎症もひどくなってしまいます。

しかし、痛みが治まったら、内出血が治まったということになるので、今度は筋肉をほぐすために温めたり、マッサージしたりといったリハビリも、完治に効果的となります。そして、再び筋繊維の断裂による内出血を起こさないよう、普段から腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることも大切です。定期的に整体院や鍼灸院などに通ってメンテナンスを受けるのも良いでしょう。

ぎっくり腰のきっかけは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといったものですが、そういったきっかけによって筋肉が損傷しない状態にしておくことが大切です。腰に負担を掛けないような正しい姿勢や動作を心掛けるなど、日常生活を改善し、普段から腰に疲労が蓄積されないようにすることが重要なのです。


このページの先頭へ