ぎっくり腰

軽いとはいえ油断大敵!ぎっくり腰の基本は絶対安静です

ぎっくり腰というのは腰の捻挫であり、何かの拍子に腰に強い力が加わった場合に起こります。重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりと人によってきっかけは様々ですが、普段から腰に負担が掛かるような仕事をしているなど、筋肉に疲労が溜まってい場合に起こることが多いようです。

通常動けないほどの激痛が2、3日続くものですが、この痛みも人によって違いはあり、中には痛いけれど動ける程度の軽い症状の場合もあります。本来この痛みの激しい数日間は絶対安静で、痛みを軽減するために患部を湿布などで冷やして対処します。しかし、動ける程度の痛みの場合、無理して動いてしまったり、入浴をして温めてしまったりして、悪化を招くことがよくあります。軽いぎっくり腰とはいえ、2、3日は安静を保ち、入浴などで温めることも避け、きちんと治すことが大切です。

ただ、こうして動けるほどのぎっくり腰であれば、無理のない範囲で整形外科を受診し、早めに原因を診断してもらうことも悪くありません。薬も処方してもらえますし、他の病気が原因の場合も、早めに特定し治療が出来るからです。

また、ぎっくり腰は筋肉に傷が付いた状態であり、靭帯などが伸びた状態です。一度痛めた筋肉が元の状態に戻るまでには、数年はかかると言われていますし、その間はぎっくり腰を繰り返すことがよくあります。軽いぎっくり腰を繰り返す人の場合、軽いからと油断し無理をしてしまうことで、再発というよりは、完治していない状態が続いているともいえるでしょう。

ですから、ぎっくり腰になったら数日間の安静と冷やすこと心掛け、完全に痛みが取れたあとは、ストレッチやマッサージなどでリハビリし、更には腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることが大切です。こうした病後のアフターケアが、軽いぎっくり腰を繰り返すという悪循環をなくすためにも大切なのです。


このページの先頭へ