ぎっくり腰

動けるからといって動かしてはダメ!ぎっくり腰は安静が基本です

重い物を持ち上げたり、腰を捻ったりと、腰に急激な力が加わった時に、突然激しい痛みが襲うのがぎっくり腰です。「グキっ」となってしまうと、痛くて動けなくなってしまいます。そしてこの動けないほどの激痛は2、3日続きます。しかし、人によっては、強い痛みはあっても、何とか動ける程度の場合もあります。どちらの場合にも安静にし、氷や冷湿布などで患部を冷やすことが大切です。

動けるからと無理して動いてしまったり、入浴や温湿布などで暖めてしまうと、痛みがひどくなってしまう場合もあります。また、最初は動けても、段々に痛みがひどくなり、動けなくなってしまう場合も多いものです。

ですから自分は軽いのだと思って動いてしまうのは良くありません。2、3日は安静を保ち、患部を冷やすことに専念しましょう。この時期無理をしてしますと、悪化や完治の遅れを招きかねません。

しかし、もし動けるのであれば、無理しない範囲で、整形外科を受診し、レントゲンなどで、ぎっくり腰の原因が他の病気によるものでないかを検査してもらうのも良いでしょう。ただ、整骨院のマッサージや鍼灸院は、この時期まだお勧めできません。ぎっくり腰は腰の捻挫で、炎症を起こしている状態なので、こうした処置は、逆に悪化させてしまう場合もあるからです。もし動けたとしても、1週間ほどは避けた方が良いでしょう。

ぎっくり腰は腰の捻挫で、炎症のある状態です。繊維に傷が付いている状態なので、傷を悪化させないよう、何もせず冷やすのが一番なのです。

ぎっくり腰になって全く動けなくなってしまうと、筋肉が硬くなってしまったり、再発への恐怖心で動けなかったりといった場合もあります。数週間経って、痛みがなくなったら、積極的にストレッチなどのリハビリをすることが大切です。筋肉を柔らかくすることで動けるようになり、再びぎっくり腰になりにくくします。そうした目的で整骨院のマッサージや鍼灸院に通うことはおすすめします。

また、痛みがひどくて動けない時に、動けるようになるための応急処置としてマッサージや鍼灸、ブロック注射などの方法がありますが、決してぎっくり腰を治すものではありませんし、逆に悪化させてしまう場合もあります。あくまでも、痛みも取れ、完治した後には、リハビリとしてこういった治療に通うことも、動けるようになる効果的な方法だといえるでしょう。


このページの先頭へ