ぎっくり腰

歩けないほどのぎっくり腰は重傷です!絶対安静を心掛けるのが一番

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、身体を捻ったり、くしゃみをしたりといった急激な力が腰に加わったことによって起こります。「ギクッ」となったら最後、痛くて歩けなくなってしまいます。この激痛は2、3日続きますが、その痛みは人によってもちろん個人差があり、何とか歩けるほどの人もいれば、全く歩けないほどの人もいます。

この激痛の続く2,3日は絶対安静で、患部を冷やすことが第一です。ぎっくり腰になると、整形外科や整骨院に行かねばと焦る人も多いと思いますが、歩けないほど重傷な場合は、決して無理をしない方が良いでしょう。ぎっくり腰というのは、腰の捻挫で、筋肉が炎症を起こしている状態です。いわば、傷がある状態だと思っていただければわかりやすいのではないでしょうか。ひどい傷がある時に、無理して動かしてしまえば、さらに悪化してしまいますね。

もちろん誰かの助けがあり、なんとか歩ける状態であれば、整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらい。骨や筋肉、内臓の異常を診てもらうことは大切です。他の病気が原因となっていないかを調べ、併せて治療することが出来るからです。

しかし、歩けないほどの激痛のあるうちは、決して無理をせず、絶対安静にして、少しでも痛みが軽減するよう、血管を収縮させるために、湿布や氷で冷やしましょう。なんとか歩けるくらいに回復してから受診しても、決して遅くはありません。

ましてや、整骨院でのマッサージや、鍼灸院など、歩けないほどの痛みのある時には出来るだけ避けましょう。先ほども申し上げましたように、ぎっくり腰は傷のある状態です。治ってもいない傷をいじるのは、悪化させるようなものです。応急処置として、マッサージや鍼灸、ブロック注射などを受け、歩けなかったのが歩けるようになる場合もあるにはあります。しかし、それは決してぎっくり腰が治ったというわけではなく、あくまでも一時的な応急処理なのです。出来れば痛みがなくなるまでは、無理して動かさず、患部を冷やすことで、結果、順調に回復出来るでしょう。そうやって治したことにより、完治後の再発予防にも繋がります。

歩けないほどの痛みがある場合は、動くなというサインだと思い、絶対安静を心掛け、早く治してしまいましょう。


このページの先頭へ