ぎっくり腰

ぎっくり腰が治まったら今度はしびれ?原因は椎間板ヘルニアだった!

何かの拍子に腰に強い力が加わると、「グキッ」と激しい痛みに襲われるぎっくり腰。その痛みはとても激しく、2、3日は激痛のため動けません。その間はひたすら安静にし、鎮痛薬や患部を冷やすことによって痛みを軽減させます。すると、一週間ほどで大体の痛みがとれ、日常生活に戻ることが出来ます。完治には数週間ほど掛かりますが、ひどい症状はほとんどが数日で治まるものです。

しかし、中には痛みが長引いたり、他の症状が出てくる場合があります。これは、他の病気が要因となっている場合です。その中でも多いのが、しびれの症状です。ぎっくり腰に一過性のしびれが現れることは意外に多く、ほとんどが安静にしていることで痛みと共に治まるものですが、中にはぎっくり腰が治まってもしびれが残るというケースがあります。

そういったケースに多いのが、椎間板ヘルニアを発症している場合です。この椎間板ヘルニアというのは、椎間板の一部が飛び出して、脊髄の神経を圧迫するために痛みを感じます。また、腰だけでなく臀部や脚など、下半身のしびれがあります。ぎっくり腰が原因で発症することが多いため、しびれの症状が残った場合に、まず考えられる病気なのです。

レントゲンではなかなかわからないケースが多いので、ぎっくり腰が治まってもしびれが残っているのであれば、専門医を受診し、MRIで診断してもらうのが確実です。早めに診断を受けることで、軽度なうちに治療を始めれば、手術などの深刻な事態まで至らずに済みます。放っておくと、手足のしびれにまで至ったり、坐骨神経痛にまで及んだりしますし、慢性化や重症化を招きますので、気を付けましょう。

椎間板ヘルニアと診断されたら、まずは腰への負担を軽減するようコルセットを装着し、腰への負担を軽減させます。痛みのある時は安静が第一です。これはぎっくり腰にも同様で、繰り返し起こることの多いぎっくり腰の場合も、やはり痛みが残っているうちは、無理をしないことが早い完治につながります。

また、痛みが治まったら、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐし、普段から腰への負担が掛からないよう、正しい姿勢と動作を心掛けましょう。椎間板ヘルニアを発症している場合は、少しでも痛みが出たらコルセットを着用し、さらに整体院や鍼灸院などで、定期的なメンテナンスを受けるなどのアフターケアが大切です。

このように、ぎっくり腰でしびれの症状が出た場合は、早めに病院を受診し、原因を正しく診断してもらいましょう。早めの治療とリハビリで、ぎっくり腰と共に完治と予防をすることが大切なのです。


このページの先頭へ