ぎっくり腰

ぎっくり腰で足のしびれは起きない!?他の病気を疑って検査に行こう

ぎっくり腰というのは、何かの拍子に腰に急激な力が加わって起こります。腰に激痛が走り、2,3日は動けないほどのつらいものです。その激痛は数日間で治まり、数週間もすると完治するのが普通です。しかし、中には、足のしびれが出てきて取れないといった症状を訴える人も多いのです。

実際のところ、腰の捻挫であるぎっくり腰の症状として、足のしびれを感じることはありません。ですから、足のしびれがある場合というのは、他の病気が併発しているということになります。足のしびれでまず考えられるのが、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛です。

ぎっくり腰の後に足のしびれを訴えるほとんどの場合が、椎間板ヘルニアです。椎間板の一部である髄核や繊維輪が突出し、神経を圧迫するために、痛みやしびれを起こします。ひどいと手術が必要となりますが、ほとんどがコルセットの着用や腰痛体操などで症状を治していきます。

また、坐骨神経痛というのは、この椎間板ヘルニアによっても起こりますが、実際は坐骨神経が圧迫される原因は様々なので、人によって違ってきますが、ともかく何らかの内的、外的要因によって、坐骨神経が圧迫されることによって起こります。症状のほとんどが、足の痛みとしびれです。

ですから一般的に、両足のしびれがある場合は椎間板ヘルニアを、片方の足がしびれるというのであれば坐骨神経痛を疑います。

ぎっくり腰というのは、直接の原因は、何か急激な腰への力によって起こりますが、実はすでに普段から腰の筋肉に疲労が蓄積されていたり、もともとこうした別の病気を持っていて、それによって引き起こされる場合が多いのです。ですから、ぎっくり腰になって、それまで気付かなかった病気が現れることも珍しくないわけです。

ですから、ぎっくり腰の痛みが治まった後、足のしびれを感じるようであれば、早めに整形外科でMRIなどの検査を受け、何処に異常があるのか調べてもらいましょう。軽いうちに処置をして、他の病気も治してしまいましょう。


このページの先頭へ