ぎっくり腰

ぎっくり腰にも痛みは色々・・・片側だけの痛みも当然アリです!

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、腰への急激な力が加わったことによって起こります。突然激痛が走り、動けなくなってしまいます。いわゆる腰が捻挫した状態です。ですから、この捻挫の起こった場所によって、痛む箇所も違ってきます。腰全体が痛む場合がほとんどですが、椎間関節が捻挫した場合などですと、腰の片側だけが痛むという場合もあります。

この激痛は2、3日続き、だいたい1週間を過ぎると治まってきます。そして2、3週間で完治となります。しかし、片側だけが痛んで、数週間が過ぎても痛みが取れないといった場合は、他の病気が原因だとも考えられます。

片側だけが痛む場合に考えられるのが、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛です。また、婦人科系などの内臓の病気からくる場合もあります。ですから、こうした痛みがなかなか取れない場合には、整形外科を受診し、レントゲンやMRIなどの検査で、その原因を調べてもらいましょう。他の病気の治療が必要な場合も、早めに対処出来るでしょう。

また、普段から長時間のデスクワークや特殊な作業などで、片側の腰やおしりに負担が掛かっている場合などは、ぎっくり腰になった場合に、やはり疲労が溜まっている片側のみが痛む場合があります。ぎっくり腰というのは、そもそも筋肉の疲労が溜まっている時に起こりやすいものですから、そうした疲労の原因やきっかけの場所によって、痛む箇所も決まってくるというわけです。

ですから、普段から腰に負担を掛けることの多い場合は、ストレッチなどで負担を軽減し、腰痛を防止することが大切です。そうすることで、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛はもちろん、ぎっくり腰を予防出来るのです。


このページの先頭へ