ぎっくり腰

記事一覧

吐き気は要注意!?ぎっくり腰に隠された他の病気の疑いも!

ぎっくり腰とは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった、急激に腰に強い力が加わったことが原因で起こります。しかし、実際は、腰の筋肉に疲労が蓄積されている場合に起こりやすいものです。弱っている筋肉が、こういったきっかけで損傷し、捻挫を起こしてしまうのです。

2、3日は激しい痛みのため動けないので、安静にして患部を冷やします。こうして傷付いた筋肉を休ませ、血管を収縮して痛みを軽減させれば、痛みはほぼ1週間ほどで治まります。

しかし、中には痛みの他に吐き気を伴うといったケースもあります。この吐き気の原因にも色々ありますが、一番多いのが、激しい痛みによってショック状態や貧血状態になる場合です。この場合は、痛みの治まりと共に吐き気も治まるので、特に心配は要らないでしょう。安静にし、患部を冷やし、鎮痛剤などで痛みを軽減させましょう。

吐き気の原因として他に考えられるのは、腰と密接に繋がっている首や肩の筋肉までもが緊張している場合です。こうした首や肩のこりによって、頭痛を伴う吐き気が起こってしまうのです。この場合も、筋肉が固くなってしまったことが要因なので、腰の痛みが治まったら、ストレッチやマッサージなどで、腰だけでなく、肩や首の筋肉も温めたり、ほぐしたりすることで吐き気も治まるでしょう。

一番問題となるのが、この吐き気が消化器系の胃や十二指腸からきている場合です。これらの内臓が炎症を起こして腫れると、近くの、つまり腰の神経を圧迫して腰痛を起こします。そしてそれがぎっくり腰の要因となるのです。この場合は、もちろん内臓の疾患を治療しなければなりません。

ですから、ぎっくり腰で吐き気を共なった場合は、早めに整形外科を受診し、レントゲンでの診断をしてもらいましょう。内臓疾患が隠されていないか、ぎっくり腰の要因を調べることが大切です。

ぎっくり腰の痛みは内出血!?捻挫は筋肉の傷なのです!

ぎっくり腰というのは、何かの拍子に腰の筋肉に強い力が加わって、筋繊維が断裂してしまうことによって起こります。いわゆる腰の捻挫状態です。捻挫ですから、筋肉や靭帯が損傷し、内出血を起こしている状態です。この内出血による腫れが神経を圧迫するため、激しい痛みが起こるのです。

そのため、ぎっくり腰になると、ひどい激痛のため動けなくなってしまいます。この激痛が続く2、3日は、内出血や炎症を抑えるために、患部を冷やし、血管を収縮して痛みを軽減させましょう。氷や冷湿布、冷却ジェルなどで冷やしてください。そして出来るだけ動かさず安静にしていることも大切です。傷と同じなのですから、動かさず冷やすことが一番の治療となります。

反対に、入浴や温湿布などで温めると血行が良くなり、痛みがひどくなってしまいますし、マッサージなどで揉んだりするのも良くありません。傷があるのですから、揉めば炎症もひどくなってしまいます。

しかし、痛みが治まったら、内出血が治まったということになるので、今度は筋肉をほぐすために温めたり、マッサージしたりといったリハビリも、完治に効果的となります。そして、再び筋繊維の断裂による内出血を起こさないよう、普段から腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることも大切です。定期的に整体院や鍼灸院などに通ってメンテナンスを受けるのも良いでしょう。

ぎっくり腰のきっかけは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといったものですが、そういったきっかけによって筋肉が損傷しない状態にしておくことが大切です。腰に負担を掛けないような正しい姿勢や動作を心掛けるなど、日常生活を改善し、普段から腰に疲労が蓄積されないようにすることが重要なのです。

ぎっくり腰そっくりな背中の痛みは一体何?背中にもぎっくりが・・?

何かの拍子に突然腰に激痛が走り、動けなくなってしまうのがぎっくり腰です。皆様も一度は耳にされたことがあると思います。しかし、このぎっくり腰と同じような症状が、背中にも起こることがあるのをご存知でしょうか。

ぎっくり腰同様、重い物を持ち上げたり、身体を捻ったり、くしゃみやせきなど、何かの拍子に背中に激痛が走り、動かせなくなってしまうのです。腰もつらいですが、背中もかなりつらいものです。背中の部分には内臓もありますし、範囲も広いので、ひどいと息をするのにも痛かったり、寝たきり状態で起きられなかったりする場合もあります。

対処法もぎっくり腰と同じで、痛みの激しい数日間は安静にして休んでいることが第一です。そして患部を湿布などで冷やして、痛みを軽減させましょう。入浴や温湿布などで温めてしまうと、血行が良くなって痛みがひどくなってしまうので避けてください。

きっかけは些細なことで起こる、この背中の痛みですが、実は筋肉に疲労が溜まり、緊張している場合に起こりやすいのです。肩こりや腰痛が原因で、筋力が低下している場合にも起こりやすいです。弱っている筋繊維が何かの拍子に傷付いてしまうというわけですね。いわゆる腰の捻挫だと思っていただければわかりやすいでしょう。

ですから、職業柄、日頃から背中に負担が掛かり、疲労が蓄積されている方や、肩こり腰痛など、背中と密接な筋肉が緊張している方などは、特に気を付けていただきたいと思います。普段から姿勢や動作を正しくしたり、腹筋や背筋を鍛える運動などを習慣付けると良いでしょう。

それでも、背中がぎっくりになってしまったら、まずはしっかり治すため、痛みが治まったらストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐし、温めて血行を良くするなどの処置をしてください。一度傷んだ筋肉はなかなか元通りにはなりませんから、気長にリハビリし、その後再び繰り返さぬよう、運動などで筋力を付け予防をしましょう。

ただ、気を付けねばならないのが、背中のぎっくりの場合、内臓の疾患から痛みがきている場合も少なからずあるということです。あまりにも痛みが激しい場合や、なかなか痛みが治まらない場合は、早めに整形外科を受診し、レントゲンなどの検査を受けてください。他の病気が原因となっていないかを調べてもらうことは重要です。

ぎっくり腰で寒気がするのは激痛への反応・・正しい診断と処置を!

ぎっくり腰というのは、腰に疲労が溜まっている状態の時に、何かの拍子に腰に急激な力が加わった場合に起こります。きっかけは重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった場合が多いものです。急激に激しい痛みに襲われ、2、3日は激痛が続きます。ほとんどの場合、一週間ほどで痛みもひき、数週間で完治となります。

とても激しい痛みのため、中にはショック症状として、寒気を感じる場合もあります。通常2、3日の激痛の時期には安静にして患部を冷やすことが大切です。血管を収縮し、痛みを軽減させるためです。しかし、寒気がする時に冷やすのはあまり良くありません。この場合は身体を温め、安静を保ちましょう。原因はあくまでもぎっくり腰なのですから、とにかく動かさずに早く治すのが第一です。激痛が治まれば寒気も治まります。鎮痛薬などで少しでも痛みを軽減させ、ひどい場合は整形外科を受診しましょう。

ただ、整形外科的な理由以外でも、寒気が起こることがあります。要因がぎっくり腰でも他の病気を併発していたり、実はぎっくり腰のような症状でも他の病気であったりする場合です。このような場合は痛みが長引いたり、他の症状が出てくるものですが、寒気が起こるというのは、全身性疾患である場合がほとんどです。痛みが長引いたり、しびれや他の場所が痛むという場合は整形外科的な病気が考えられますが、寒気・発熱の症状が出る場合は、基本的に内科的疾患、特に感染症が原因である可能性が高いのです。

感染症にも様々なものがありますが、主なものとしては感染性心内膜炎や多発性骨髄腫などが挙げられます。もちろんこういった病気である場合は、専門的治療が必要となります。

ですから、激痛が治まっても寒気が続く、また腰の痛みだけでなく寒気がひどいといった場合は、早めに整形外科でレントゲンなどの診察を受け、原因を特定してもらいましょう。単なるぎっくり腰の激痛による寒気なら良いですが、そうでない場合は悪化しないうちに他の病気の治療をすることが重要です。

ぎっくり腰防止には背筋を鍛えるべし!疲労が溜まる場所にはケアを

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった急激な強い力が加わったことにより、耐えかねた筋肉が痙攣を起こす状態をいいます。いわゆる腰の捻挫で、筋肉が損傷し、炎症を起こした状態になるのです。

突然激しい痛みに襲われ、動けなくなってしまう辛いものです。その激痛が2、3日続き、一週間ほどで大体の痛みが取れます。きっかけはこうした何かの拍子ではありますが、その多くが、筋肉に疲労が溜まっている状態の時に起こりやすのです。疲れた筋肉が重荷に耐えかねて傷付いてしまうというわけです。そして、この疲労が溜まることが多い場所が背筋であり、腰を支える背筋の力が弱まった場合にぎっくり腰が起こりやすといえます。

長時間のデスクワークや車の運転、また、重い物を運ぶなどのお仕事をされている方にぎっくり腰が多いのも、普段から腰の負担が大きく、背筋が弱まったためだと考えられます。

ぎっくり腰で痛めた筋肉や軟骨、靭帯などが元通りに戻るには、普通でも年単位の長い期間を要します。ですから、腰への負担が大きい生活をしている人にとって、完治してからも十分に気を付けねばなりません。繰り返しぎっくし腰にならないよう、普段から腰への負担を軽減する背筋を伸ばした姿勢や動作を心掛け、少しでも疲労が溜まったと思ったら、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐしましょう。背筋などのリハビリはとても効果的です。

そして、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることで、繰り返しぎっくり腰になりにくい身体になります。背筋を鍛えるには上体反らしが簡単ですが、くれぐれも無理のない程度が大切です。また、整体院や鍼灸院などで、定期的にメンテナンスをしてもらうのも良いですね。こうしたアフターケアをしっかりして、ぎっくり腰の再発を予防することが大切なのです。

ぎっくり腰が治まったら今度はしびれ?原因は椎間板ヘルニアだった!

何かの拍子に腰に強い力が加わると、「グキッ」と激しい痛みに襲われるぎっくり腰。その痛みはとても激しく、2、3日は激痛のため動けません。その間はひたすら安静にし、鎮痛薬や患部を冷やすことによって痛みを軽減させます。すると、一週間ほどで大体の痛みがとれ、日常生活に戻ることが出来ます。完治には数週間ほど掛かりますが、ひどい症状はほとんどが数日で治まるものです。

しかし、中には痛みが長引いたり、他の症状が出てくる場合があります。これは、他の病気が要因となっている場合です。その中でも多いのが、しびれの症状です。ぎっくり腰に一過性のしびれが現れることは意外に多く、ほとんどが安静にしていることで痛みと共に治まるものですが、中にはぎっくり腰が治まってもしびれが残るというケースがあります。

そういったケースに多いのが、椎間板ヘルニアを発症している場合です。この椎間板ヘルニアというのは、椎間板の一部が飛び出して、脊髄の神経を圧迫するために痛みを感じます。また、腰だけでなく臀部や脚など、下半身のしびれがあります。ぎっくり腰が原因で発症することが多いため、しびれの症状が残った場合に、まず考えられる病気なのです。

レントゲンではなかなかわからないケースが多いので、ぎっくり腰が治まってもしびれが残っているのであれば、専門医を受診し、MRIで診断してもらうのが確実です。早めに診断を受けることで、軽度なうちに治療を始めれば、手術などの深刻な事態まで至らずに済みます。放っておくと、手足のしびれにまで至ったり、坐骨神経痛にまで及んだりしますし、慢性化や重症化を招きますので、気を付けましょう。

椎間板ヘルニアと診断されたら、まずは腰への負担を軽減するようコルセットを装着し、腰への負担を軽減させます。痛みのある時は安静が第一です。これはぎっくり腰にも同様で、繰り返し起こることの多いぎっくり腰の場合も、やはり痛みが残っているうちは、無理をしないことが早い完治につながります。

また、痛みが治まったら、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐし、普段から腰への負担が掛からないよう、正しい姿勢と動作を心掛けましょう。椎間板ヘルニアを発症している場合は、少しでも痛みが出たらコルセットを着用し、さらに整体院や鍼灸院などで、定期的なメンテナンスを受けるなどのアフターケアが大切です。

このように、ぎっくり腰でしびれの症状が出た場合は、早めに病院を受診し、原因を正しく診断してもらいましょう。早めの治療とリハビリで、ぎっくり腰と共に完治と予防をすることが大切なのです。

ぎっくり腰と坐骨神経痛は親戚!?深く関係する両者の関係性

ぎっくり腰というのは、腰に疲労が溜まっている場合などに、急激な強い力が加わった拍子に起こります。そのきっかけは重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりと様々です。突然激しい痛みに襲われ、激痛が2、3日続きますが、だいたい一週間ほどでほとんど痛みもとれてしまいます。

しかし、中には痛みが数週間経ってもひかないとか、腰だけでなくお尻や脚の痛み、またしびれなどが出てくる場合があります。この場合、ほとんどが坐骨神経痛を併発していると考えられます。

ぎっくり腰と坐骨神経痛はとても密接に関係していて、どちらも腰椎や骨盤のズレが要因となっている場合が多いのです。また、椎間板ヘルニアも両者とは深く関係していて、この3つはお互いに要因となったり、同時に起こったりします。

椎間板ヘルニアが腰の痛み、脚のしびれが中心なのに対し、坐骨神経痛は腰からお尻、脚と範囲も広く、痛みに伴いしびれが中心となります。ぎっくり腰と同じ部類に挙げられるこの坐骨神経痛は、脊髄の神経が圧迫されて起こります。ぎっくり腰と同様で、腰に負担が掛かり、疲労が溜まった場合になりやすいので、長時間のデスクワークや車の運転、重い物を持ち上げるといった職業の人に多くみられます。

ですから、ぎっくり腰の痛みが数週間経ってもとれなかったり、脚などのしびれがみられたら、まずは坐骨神経痛が疑われます。整形外科を受診し、レントゲンなどで正しい診断を受けてください。どちらの場合も対処法としてはだいたい同じですが、他の病気に原因がないかを調べることも大切です。

こうしたぎっくり腰や坐骨神経痛の場合、痛みが残っているうちはコルセットを着用し、腰に負担の掛かる仕事の場合は十分に休暇をとる事が大切です。痛みのあるうちに無理をしてしまうと、悪化を繰り返し、結局長引いてしまいます。

そして痛みが治まってからも、疲労が溜まったと思ったらコルセットを着用し、普段からなるべく腰へ負担が掛からない様な姿勢や動作を心掛けましょう。ストレッチやマッサージ、運動などで筋肉をほぐしたり、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることも大切です。また、整体院や鍼灸院などに通って、定期的にメンテナンスをしてもらうのも効果的です。

脊髄や筋肉の状態が戻るには、何年もかけて根気よくアフターケアを行うことが大切です。繰り返しぎっくり腰や坐骨神経痛の痛みに悩まされないよう、生活習慣を考えながら予防しましょう。

実は因果関係のある股関節とぎっくり腰・・その関係を探る!

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子に、腰に急激な力が加わって起こります。突然「グキッ」と激しい痛みに襲われ動けなくなってしまう辛いものです。しかしこういった直接の原因はきっかけに過ぎず、もともと疲労が溜まった筋肉に起こりやすといわれます。

重い物を運んだり、長時間のデスクワークや車の運転をしたりする職業の人にぎっくり腰が多いのは、普段から腰への負担が大きく、筋肉に疲労が溜まっているためです。この様な状態に、大きな負担となる力が加わると、筋肉に傷が付き、炎症を起こしてしまいます。これがぎっくり腰なのです。

そして、こういった腰への負担は、もちろん椎間板にも負担が掛かっている状態なので、中には椎間板が変形してしまう場合もあります。すると股関節に痛みを感じますが、この股関節の痛みも、実はぎっくり腰とは密接な関係があるのです。股関節の痛みは、椎間板のズレや変形によって飛び出した部分が神経に触って起きる、いわゆる椎間板ヘルニアである場合が多く、この椎間板ヘルニアは、実はぎっくり腰の要因ともなります。また、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアを併発する場合も有り、両者はよく混同されるのです。

どちらの場合にも言えることは、痛みの激しい間は安静にして動かさず、患部を冷やして痛みを軽減するのが第一だということです。そして痛みが取れても、腰への負担が掛かる仕事の場合、コルセットを着用して股関節を固定しましょう。ズレや変形を矯正することで痛みを無くします。

そして、痛みが取れたら、今度は固まった筋肉をストレッチやマッサージでほぐし、ぎっくり腰のリハビリをしましょう。一度痛めた筋肉は数年は元に戻らず、再発を繰り返します。股関節のズレや変形がある場合はなおさら、運動や整体で股関節の治療をしながら、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛え、繰り返し起こらないよう予防のためのアフターケアが大切です。整体院や鍼灸院で定期的にメンテナンスをしてもらうのも良いでしょう。

普段から腰への負担を軽減する姿勢や動作を心掛け、疲労が溜まったと思ったらコルセットを付けたり、腰回りの筋肉や股関節をほぐすなど、早めの対処をすることが大切です。

繰り返す腰痛はぎっくり腰の後遺症?治っても続く腰痛を治すために

一度ぎっくり腰になった人が、後遺症に悩まされるといった場合がよくあります。腰痛が慢性化したり、ぎっくり腰を繰り返すといったものですね。しかし、実際はぎっくり腰に後遺症というものはなく、こういった後に残る症状は、ぎっくり腰が完治していない状態であると言えるのです。

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった急激な腰への強い力が加わって起こるものですが、一般的に腰に疲労が溜まった状態の時に起こることが多いのです。重い物を運ぶとか、長時間のデスクワーク、車の運転など、日常的に腰に負担のかかる仕事をしている人に多くみられるのはこのためです。

このように負担が掛かって、筋肉に疲労が溜まった状態の腰に強い力が加わると、耐えかねる力に痙攣が起き、筋肉が炎症を起こすのです。いわば腰の捻挫状態です。このぎっくり腰状態になると、激痛が2、3日続き、一週間ほどで大体の痛みが取れます。通常でしたら、この痛みが引いた時点で普段通りの生活に戻ることが出来、数週間で完治となりますが、腰に負担の掛かる生活をしている人がそのままの生活を続けては、なかなか完治には至らないのです。

一度傷付いた筋肉が元通りになるには、数年はかかるともいわれています。ぎっくり腰はそれだけ完治するのに時間が掛かるということです。ですから、腰痛が慢性化したり、ぎっくり腰を繰り返すというのは、後遺症というよりは、完治していなくて、腰痛が続いたり、ひどくなったりしている状態といえます。

しかし、中には他の病気が原因で痛みが長引いている場合もありますので、痛みが続く場合は、まず整形外科を受診し、レントゲンで骨や筋肉、内臓など、他に要因がないか調べてもらいましょう。もし異常がなければぎっくり腰の名残といえます。

こうした腰痛の慢性化や繰り返すぎっくり腰を予防するには、なるべく腰に負担を掛けないような姿勢や動作を心掛けるなど、生活を改善したり、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉をほぐしたり鍛えたりすることが大切です。ですから、ストレスや疲労を溜めないよう、普段から気を付け、ストレッチやマッサージなどのアフターケアを行うことで、後遺症といわれる症状となるのを防ぎましょう。

ぎっくり腰は腰の痙攣!ダメージを最小限にする苦肉の策だった・・

ぎっくり腰と言えば、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子に、腰に強い力が加わったのをきっかけに起こります。そうした何かのきっかけで、腰の筋肉が痙攣を起こし、「グキッ」と激しい痛みが走り、動けなくなってしまいます。

筋肉の痙攣というのは、強い力が加わった時に、断裂などのダメージを防ぐため、筋肉の動きをストップさせる状態です。ですからほとんどの場合、ぎっくり腰というのは腰の捻挫に留まります。痙攣と言っても、足がつった場合のような硬直状態とは違い、腰の筋肉が炎症を起こしているものですから、揉んだり温めたりといった対処は逆効果となるので注意してください。

ぎっくり腰の対処法としては、まず2、3日続く激痛の時期には絶対安静と保ち、痛みを軽減させるために氷や湿布で患部を冷やすことが第一です。痛みは一週間ほどで治まりますので、それまでは決して腰に負担を掛けぬよう無理をせず、入浴などで温めることも避けましょう。痛みが悪化して、完治も遅くなってしまいます。

ぎっくり腰のほとんどが、こうした筋肉の痙攣から起こるので、炎症の痛みが治まれば問題はありませんが、もし数週間ほど経っても痛みが治まらないようであれば、他の病気が原因となっている場合もありますので、整形外科を受診し、レントゲンを撮って検査をしましょう。

そして、痛みが取れたら、ストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐしてリハビリし、完治後も腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えたりして、再び痙攣が起きないようにアフターケアをしましょう。一度筋肉を傷めると、元通りになるまでは繰り返しぎっくり腰になりやすいものです。普段から腰に負担を掛けないような姿勢や動作を心掛け、疲労が溜まって筋肉を傷めないよう、こうしたケアを十分にしてください。整体院や鍼灸院などに通い、定期的なメンテナンスをするのも効果的でしょう。

このページの先頭へ