ぎっくり腰

ぎっくり腰防止には背筋を鍛えるべし!疲労が溜まる場所にはケアを

ぎっくり腰というのは、重い物を持ち上げたり、腰を捻ったり、くしゃみをしたりといった急激な強い力が加わったことにより、耐えかねた筋肉が痙攣を起こす状態をいいます。いわゆる腰の捻挫で、筋肉が損傷し、炎症を起こした状態になるのです。

突然激しい痛みに襲われ、動けなくなってしまう辛いものです。その激痛が2、3日続き、一週間ほどで大体の痛みが取れます。きっかけはこうした何かの拍子ではありますが、その多くが、筋肉に疲労が溜まっている状態の時に起こりやすのです。疲れた筋肉が重荷に耐えかねて傷付いてしまうというわけです。そして、この疲労が溜まることが多い場所が背筋であり、腰を支える背筋の力が弱まった場合にぎっくり腰が起こりやすといえます。

長時間のデスクワークや車の運転、また、重い物を運ぶなどのお仕事をされている方にぎっくり腰が多いのも、普段から腰の負担が大きく、背筋が弱まったためだと考えられます。

ぎっくり腰で痛めた筋肉や軟骨、靭帯などが元通りに戻るには、普通でも年単位の長い期間を要します。ですから、腰への負担が大きい生活をしている人にとって、完治してからも十分に気を付けねばなりません。繰り返しぎっくし腰にならないよう、普段から腰への負担を軽減する背筋を伸ばした姿勢や動作を心掛け、少しでも疲労が溜まったと思ったら、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐしましょう。背筋などのリハビリはとても効果的です。

そして、腹筋や背筋などの腰回りの筋肉を鍛えることで、繰り返しぎっくり腰になりにくい身体になります。背筋を鍛えるには上体反らしが簡単ですが、くれぐれも無理のない程度が大切です。また、整体院や鍼灸院などで、定期的にメンテナンスをしてもらうのも良いですね。こうしたアフターケアをしっかりして、ぎっくり腰の再発を予防することが大切なのです。


このページの先頭へ