ぎっくり腰

ぎっくり腰は筋肉の疲労から・・・実はめまいの原因と同じだった!?

重い物を持ち上げたり、身体を捻ったり、くしゃみをしたりといった何かの拍子にグキッと腰を痛めてしまうぎっくり腰ですが、実際は、筋肉に疲労が蓄積されている場合に起こることが多く、弱っている筋肉がこうしたきっかけで損傷し、炎症を起こした状態なのです。

動けないほどの激痛が2、3日続きますが、だいたい1週間ほどでほとんどの痛みが消え、数週間で完治します。しかし、中には腰痛の他にめまいを訴える人もいます。腰痛の症状と共に改善されることが多いですが、このめまいの原因は何なのでしょうか。

このめまいの原因の一番に考えられるのが、首・肩の筋肉の緊張によるものです。腰の筋肉に疲労が溜まって起こるぎっくり腰ですが、腰の筋肉と、首・肩の筋肉というのは密接に繋がっています。どちらかに疲労が溜まっているということは、他の部分にも負担が掛かって、疲労が溜まっていることは十分に考えられます。そして、この首・肩の筋肉の緊張により血管が収縮し、脳へ血液が十分に送られなくなると、脳の酸素不足の症状としてめまいが起こるのです。

また、特に女性に多いのが、冷えなどからくる血行不良によって、肩こり・めまいの症状があり、それがぎっくり腰と共に併発している場合です。これらのめまいは、ぎっくり腰の痛みを軽減させるのと同様、とにかく安静にし、ゆっくり休むことが第一です。

こうした首や肩の緊張からめまいを併発している場合は、腰の痛みが治まったら、腰回り同様、首や肩の筋肉も、ストレッチやマッサージなどでよく揉みほぐすことが効果的です。普段から筋肉の疲労が溜まらない生活を心掛け、再び繰り返さぬよう、アフターケアをすることが大切なのです。

また、疲れや睡眠不足・ストレスといったものも、筋肉の疲労・緊張に大きな影響を及ぼします。生活習慣を改善し、規則正しい健康的な生活を送ることも、実はこうした症状を予防することになるのです。

さらに、背骨や骨盤の歪みによってめまいが起こることもありますし、同時にそれがぎっくり腰の要因となることもあります。そしてまた、めまいによる平衡感覚の狂いから、腰に負担が掛かって要因となることもあります。ですから、ぎっくり腰でめまいの症状がある場合は、一度整形外科を受診し、レントゲン診断を受けることをおすすめ致します。その結果によって、整骨院や鍼灸院などでのアフターケアも効果的となるでしょう。


このページの先頭へ