ぎっくり腰

ぎっくり腰のつらい腰痛をなんとかしたい!効果的な治療はないの?

ぎっくり腰の痛みは、経験者ではないとその苦痛がわからないといわれるほどの激痛です。一般的な腰痛とは違い、何かの拍子に突然、動けなるほどの痛みに襲われるのです。では、その激しい腰痛は、どのように治療すれば良いのでしょう。

まず、2,3日はこの激しい腰痛が続きます。この期間は、とにかく動かさずに安静を保って、腰の痛む部分を冷やしましょう。冷湿布や冷却ジェルや氷などで、血管を収縮させ、痛みを軽減させます。普通の腰痛とは違い、温めて血行を良くすると、余計に痛みがひどくなってしまうので、温湿布や入浴は避けてください。

この激しい痛みが治まっても、一週間くらいはなるべく安静を心がけ、痛みが残っている場合は、引き続き湿布などの処置を続けましょう。この時期に無理をしてしまうと、また痛みがひどくなったり、完治が遅くなったりしてしまいます。

ただ、仕事などでどうしても無理をしなければならない時は、整骨院でマッサージなどの処置をしてもらい、一時的に痛みを軽減させる方法もあります。しかしその場合は、必ず整形外科などでレントゲンを撮ってもらい、他の病気が原因となっていないかを調べてからにしてください。間違った診断でマッサージなどの処置をしてしまうと、余計に悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。

一週間以上が経過し、痛みもなくなったら、整骨院のマッサージや、鍼灸院などに通い、完治に向けての治療や、完治後の再発を防ぐためのリハビリ治療を受けることも良いと思います。一度ぎっくり腰を起こすと、数年は繰り返し起こることが多いものなので、こうした治療に通って定期的にメンテナンスを行いましょう。

また、普段から腰に負担を掛けない様な姿勢や動作を心掛けるとか、心身ともにストレスが溜まらないような生活習慣を心掛けることも、腰痛や、さらにはぎっくり腰を起こさない治療につながることでしょう。


このページの先頭へ