ぎっくり腰

一刻も早くなんとかならない?ぎっくり腰の効果的な治療法を教えて!

ぎっくり腰は、突然の激しい痛みと共にやってきますが、その多くが、何かの拍子に腰に急激な力が加わった場合に起こります。いわゆる腰の捻挫で、筋肉が炎症を起こした状態です。その炎症によって、激しい痛みを伴うのです。身体を動かすことも出来ないほどのつらい痛みですから、少しでも早く楽になりたいと思うのが当然のことだと思います。

このぎっくり腰の一番の治療法は、「絶対安静」と「冷やすこと」。これに限ります。ぎっくり腰になって2,3日は、本当に動けないほどの激痛があります。この時期には、自分が少しでも楽な姿勢でなるべく動かさないようにしましょう。そして、冷たい湿布や冷却jジェル、氷などで痛い部分を冷やしましょう。これは、血管を収縮させて痛みを軽減するためです。患部を温めて血行を良くすると、痛みが悪化してしまうので、くれぐれも温湿布や入浴は避けましょう。そして、出来るなら、一度整形外科を受診し、レントゲンで筋肉や骨、内臓に異常がないかを調べてもらうことも大切です。他の病気が要因となっている場合は、その後の治療も違ってくるからです。

ただ、こうした痛みの激しい時期に、どうしても動かねばならない場合は、一時的な応急処置として、整骨院などでマッサージを受け、痛みを軽減させるという手もあります。ただし、これで良くなったというわけではないことを理解しましょう。もちろんマッサージを受ける前に、他の病気に原因がないかを整形外科で診断してもらってからでなくてはなりませんし、炎症がひどく痛みが激しいうちはおすすめ出来ません。

この激痛の期間が過ぎても、一週間くらいは、まだ安静が必要です。痛みが残っている場合は湿布なども続けましょう。そうして様子を見ながら、数週間で痛みがぶり返さなければ完治ということになります。そうなったら、今度は整体院などでマッサージをしてもらったり、鍼灸院に通うなど、再発予防をすることも良いでしょう。一度靭帯が伸びた状態なので、どうしても元に戻るまでは再びぎっくり腰になる確率も高いのです。数年間はそうした治療も必要かもしれません。

また、こうしてどこかに通って治療するとまではしなくとも、日常的に腰に負担を掛けない姿勢や動作をするよう心掛けるようにしましょう。重い荷物を運ぶ仕事や、長時間のデスクワークなどの仕事の場合は、特に注意が必要です。腰に負担が掛かると、腰に疲労が蓄積し、腰痛や、果てにぎっくり腰の再発につながります。少しでも疲れたり痛んだりした時は、無理をせず休ませ、温湿布などで温めて血行を良くし、軽いうちに治してしまいましょう。そうすればぎっくり腰にまで至らずに済むはずです。

ぎっくり腰になった場合は、このように完治するまでも大切ですが、完治した後も、気長に気を付けることが、最善の治療法と言えるのです。


このページの先頭へ