ぎっくり腰

ぎっくり腰はどの診療科で診てもらうべき? 病院の選び方をご紹介

年齢を問わずになる可能性があるぎっくり腰は、誰しもがいつ何時なる可能性を秘めています。ぎっくり腰は痛みが治まったからと言って放置すると、癖になってしまいがちなので必ず病院で一度は診てもらうのがベストです。けれど、どの診療科で診てもらえばよいのかわからないという悩みもよく聞かれます。

一般的には、整形外科や接骨院で診療する方が多いようです。これらの診療科は保険が適用されるので、治療費も比較的安く抑えることができます。では、精密検査が可能な総合病院や大学病院か、それとも通院しやすい近所の個人開業の病院へ行くべきか。まずは 個人病院で診てもらうことをお勧めします。なぜなら、規模の大きい病院は一般的に最高の治療が受けられると思われる方も多いですが、昨今の医師不足で人材不足の病院も多いのが現状です。整形外科を有する病院でもずさんな診断をされる場合もあるということです。

本来ならばこのようなことはあってはならないことですが、まずは近所の個人病院で症状を見てもらい、必要であれば精密検査が可能な大学病院・総合病院を紹介してもらうなど段階を踏むことをお勧めします。特に大学病院では紹介状の有無で、自分を担当する担当医の質も変わってくることが少なくありません。

病院を選ぶ際、あなたは何を基準に選ぶでしょうか? クチコミ、人からの紹介などで決める方も多いでしょう。しかし、安易にクチコミを鵜呑みにはしないこと。可能であれば、どのような検査をするのか、どう診断されたか、どのくらいの通院期間で症状が改善したかなど詳細を確認してみましょう。他の人には合っても、自分には合わないケースも在りうるのです。

さて、病院が決まったらどのような治療法が行われるのでしょうか。整形外科を例に挙げてみますと、あらゆる可能性を考慮してレントゲン、MRIなど様々な検査を勧められることがあります。なぜぎっくり腰でそこまで大げさな検査を受けねばならないのか。実は、ぎっくり腰で病院へ行く目的は除外診断にあるのです。先ほど述べたように、ぎっくり腰だと思っていたら本当は他の病気である可能性もあるのです。腰痛を症状に持つ疾患を例に挙げると、骨折や腫瘍、尿管結石、婦人科病などがあります。

これらが原因であれば、治療法はそれぞれの疾患に適した治療を受けなければなりません。この除外診断で問題が無ければ、ぎっくり腰の治療に整体や鍼灸、カイロプラクティックなどが効果的な治療法になってきます。大事なのは自分で判断しないこと。信頼できる病院で診てもらうこと。診療結果に不安がある場合は、セカンドオピニオンを受けてみるのも良いと思います。


このページの先頭へ