ぎっくり腰

ぎっくり腰の強い味方、薬の効果で激痛を乗り切ろう

ぎっくり腰は、とにかく痛いものです。動けないほどの激痛なので、まずは安静にすることと、患部を冷やすことが第一です。これがぎっくり腰を治す、唯一の方法とも言えるでしょう。しかし、炎症や痛みを薬で軽減することは出来ます。消炎・鎮痛剤や、同効果のある張り薬・塗り薬などで、少しでも痛みを軽減したり、炎症を沈めることは期待出来るでしょう。

こうした薬は、市販の飲み薬や湿布でも構いません。本来であれば、整形外科でレントゲンを撮ってもらい、他に骨や筋肉、内臓などの異常がないかを診断してもらってから、薬を処方してもらうのが一番なのですが、とにかく数日間は痛くて動けないのが現実です。病院に行くのも誰かの助けがなければなかなか無理なことだと思います。そういう場合は、購入を頼むことも可能な市販薬で十分なのです。

ぎっくり腰の場合に最も多く使われる薬としては、まず非ステロイド抗炎症薬です。市販薬でいえば、ロキソニンやボルタレンです。強い炎症や痛みを抑えるのに効果的な薬なので、ぎっくり腰のような激痛時に適しています。しかし、効果が強いが故に、その副作用として、胃腸への負担も大きいので、いくら痛いからと言っても、きちんと適量を守りましょう。医師に処方してもらったのであれば、もちろんその量を守りましょう。

湿布薬などの外用薬を使用する場合は、まず冷却効果のあるものを選ぶことが大切です。炎症を起こして痛みのある場合は、冷やして血管を収縮し、痛みを軽減させなければなりません。誤って温湿布などを使用し、温めて血行を良くしてしまうと、痛みがひどくなってしまいます。十分に注意しましょう。市販のものを選ぶ場合は、冷感タイプのものにしてください。消炎効果があると言っても、冷湿布でも温湿布でもない第二世代の湿布は、この時期効果的ではありません。

ぎっくり腰のつらい激痛は、数日間は耐えるしかないのが現実ですが、少しでも痛みを軽減させる方法として、是非こうした薬の効果を利用し、苦痛に耐えていただければと思います。


このページの先頭へ