ぎっくり腰

つらいぎっくり腰は早く治したい!効果的な治し方を教えて!

何かの拍子に刺されたような激痛が走るぎっくり腰。その痛みはかなり強烈なものです。数日間はその痛みが続くのですから、動けないですし、とてもつらいものですね。少しでも早く治したいと思うのは当然のことだと思います。しかし、残念なことにぎっくり腰というのは、そんなに簡単に治るものでもなければ、具体的な治療法があるわけでもないのです。

それでも、治りが早くなると言われる対処法はいくつかあります・まず第一には、数日間は動かさずに冷やすこと。これに限ります。動かさずとも痛いので、出来るだけ自分が楽な姿勢でじっとしていることが一番です。そして、痛みを和らげるのには、湿布や冷却ジェルなどで腰を冷やしてください。血管を収縮して、痛みを軽減させてくれます。これを痛みのひどい2,3日続けることで、後の治りが随分良くなるものです。この時期に無理をしてしまうと、完治までの期間が長引いたり、治っても再発してしまったりといったことになりかねません。くれぐれも気を付けましょう。

しかし、数日間動けないというのは、非常に困るものですね。ぎっくり腰は突然に起こってしまうものです。自分の予定に合わせて起こってくれるものではありません。どうしても行かねばならない大切な用事や、仕事などがある場合もあるでしょう。そんな時は、整体に行くことをおすすめ致します。もちろんぎっくり腰は腰の捻挫であり、筋肉が炎症を起こした状態です。整体に行ったからと行って、その炎症が急に治るわけではありません。しかし、一般的に、整体で処置をしてもらうと、痛みがかなり楽になることが多いのです。

あとは、病院で痛み止めの注射を打ってもらったり、鎮痛薬・鎮痛効果のある外用薬をもらうことです。これらもぎっくり腰自体を治すわけではありませんが、どうしても動かねばならない時の応急処置にはなるでしょう。もちろん病院へ行くのも一苦労だと思いますので、そういった場合は市販薬の鎮痛剤や冷湿布でも十分効果があります。

しかし基本的には、コルセットなどをして極力動かさない、湿布で冷やすというのが一番で、無理は禁物だということを覚えておいてください。一週間ほどして痛みが治まったら、整骨院のマッサージや鍼灸院などに通うのも、早い回復につながることがあります。もちろんこれも、無理のないようにすることが大切です。

そして、一か月ほどして完治したら、ストレッチや腰痛体操などをして、腰の筋肉をリハビリし、鍛えましょう。ぎっくり腰というのは、靭帯が伸びているうちは繰り返し起きやすいものです。数年は再発したり、腰痛が出てしまったりという場合が多いので、腹筋と背筋を鍛えるなどのトレーニングをすることをおすすめ致します。

また、普段から、腰に負担が掛からない姿勢を保つこと。ストレスを溜めず、健康的な生活習慣を心掛けることで、腰痛を引き起こしにくい状態にすることが大切なのです。


このページの先頭へ