ぎっくり腰

漢方薬はぎっくり腰の治療に効果があるのか?

漢方薬とは、体の中に存在する流れを制御し整える事で、体を理想的な状況に持っていこうとするお薬です。この考え方において、ぎっくり腰などは腰周りの流れに乱れが生じて発生するものであり、それに対処する漢方薬も当然のように存在します。

漢方に詳しい方が身近にいるなら、その方に自分の症状を話し、適切な漢方薬を教えてもらって見てはいかがでしょうか。今回は、軽くぎっくり腰の症状別に、効くような漢方薬をご紹介してみたいと思います。ただし、効き目には個人差がございますし、漢方薬で流れを整えられても、それを維持するには肉体的な改革が必要なので、過信は禁物です。ご参考程度にお考えください。

まず、ぎっくり腰に多いと思われる、じくじくと熱を伴うような痛みに対する漢方薬は、通導散などの流れを整える漢方薬です。唐突に発生した障害を取り除き、滞っていた流れを正常化してくれます。結果、腰周りにたまっていた流れにより引き起こされた痛みを消し、心身を正常な状態にもどす事ができます。

そして、熱を伴ったような痛みが引いた後ですが、それども腰をひねろうとすると激痛が走ると言うこともあるかと思います。寒い日の朝に起き上がろうとした時など、場合によってははじめからこの症状になる人もいるかもしれません。前述の痛みが、何らかの要因により流れを止めるような障害物が発生したようなものと考えるなら、こちらは流れそのものが弱まっている状況と言えます。この場合は、桂枝加朮附湯、疎経活血湯などの、流れを活性化させる漢方が有効です。

言ってしまえば、腰周りの凝りをほぐすわけです。肩こりに悩まされている方の中には、これらの漢方薬を試してみた方もいるのではないでしょうか。まさしく、腰版の肩こりなのです。肩こりに良く効く漢方薬を知っているなら、それはきっとこの腰こりにも良く効いてくれるでしょう。

簡単に説明させていただきましたが、漢方薬もお薬のようなものであり、妊娠中は避けるなど、使うにあたり少なくない注意事項が存在します。できれば詳しい肩にお話を聞いて、適切に摂取される事をお勧めします。それと、漢方は自然治癒能力を一時的に高めるようなものであり、意外と体力を消耗します。漢方薬を利用したならきちんと食事や休息をとり、適度な量を使用するよう心がけてください。


このページの先頭へ