ぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みを和らげるロキソニンの正しい使用方法

ふとしたきっかけで老若男女問わずなってしまう可能性のあるぎっくり腰。いざ自分が直面した時、どうするべきなのでしょうか。まずは安静にすることが一番、患部を冷やすことも有効的な処置方法として王道のものです。しかしあまりにも痛みが治まらない場合、強力な鎮痛剤であるロキソニンをとりあえず飲んでしのごうとする人もいるようです。ぎっくり腰になった時、本当にロキソニンを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

そもそもロキソニンとはどういった薬なのか。ロキソニンは炎症をしずめ、腫れや痛みなどの症状を抑制する効果があり、鎮痛剤として昔から使用されてきました。ただし、その効果は一時的なもので熱や痛みそのものを治すことはできません。

かつては劇薬に指定されており、処方には医師の処方箋が必要でしたが現在はその指定は解除され、処方箋が無くてもドラッグストアなどで手に入りやすいものとして浸透しています。最近では生理痛にもよく効く、というキャッチコピーでCMでもよく見かけるようになりました。

ロキソニンは内服薬が一般的ですが、ロキソニンテープなどの外部薬もあります。ぎっくり腰の痛み緩和には内服薬が用いられることが多いですが、いずれも鎮痛効果は抜群なので、ぎっくり腰の痛みを抑えるのにも効果を発揮します。

ただし、多用は禁物です。劇薬指定が解除されたとはいえ、副作用はかなり強いのです。内服薬であれば腹痛、吐き気、食欲不振など胃などの消化器官に影響を及ぼします。外部薬であれば痒みや湿疹などが代表的な副作用の例です。これらの症状が出た場合はただちに使用を中止して下さい。

また、ロキソニンは多用するとあまり効果がなくなってきます。体にが耐性できてしまうのです。効果が無いからと言って、規定量以上を摂取する方も多いようですがそれは危険です。その場合は、医師などの判断を仰いでください。

いずれにしても、ロキソニンは軽い気持ちで使っていいものではありません。基本的には、自分で判断せず医師の指示を仰ぐのがベストです。


このページの先頭へ