ぎっくり腰

マッサージは治療じゃなくて予防!ぎっくり腰の正しい知識はコレ

ぎっくり腰の痛みというのは、かなり激しいものです。一瞬にして動けなくなってしまう程なのですから、その痛みのつらさがお分かりいただけることと思います。この激しい痛みは、2,3日続きますが、この間は、絶対安静にし、痛む部分を冷やすことが基本です。これが一番の治療法と言えます。この時期に無理に動いてしまったり、温湿布や入浴などで温めてしまいますと、痛みがひどくなったり、治りが遅くなったりしてしまうのです。

しかし、どうしても動かねばならない場合や、痛みに耐えかねた場合に、この痛みのひどい時期にマッサージを受ける方がいらっしゃいます。確かに一瞬痛みが和らぐといったケースもあるにはありますが、あまりおすすめ出来まないのが本当のところです。

ぎっくり腰というのはいわゆる腰の捻挫です。筋肉が炎症を起こしている状態なのです。炎症を起こしている筋肉をマッサージすることは、基本的にやってはならない禁止事項に入ります。炎症部分を悪化させ、痛みを増幅させる恐れがあるからです。

ましてや、ぎっくり腰の原因を特定しないまま、整体やマッサージを行うことは大変危険です。まずは、整形外科を受診し、レントゲンを撮って、骨や筋肉、内臓に異常がないかを診てもらいましょう。ぎっくり腰の原因を特定しないままマッサージを行うことで、腰の痛みどこか、他の病気まで悪化させてしまうことにもなりかねません。しかも、それを確認しないままマッサージを行う整骨院などは、信頼も出来ません。

しかし、数週間経って、ぎっくり腰が完治した場合には、リハビリや再発防止の意味で、マッサージに通うことは効果的です。一度痛めた筋肉は、疲労が溜まったり、無理をしたりすると、ふたたびぎっくり腰を繰り返すことがよくあります。数年間はアフターケアが必要なのです。普段から、腰に負担が掛かるような姿勢や動作を避けたり、心身ともにストレスのない生活習慣を心掛けることが大切ですし、それと併せて、定期的にマッサージに通い、筋肉の疲れを取ったり、血行を良くすることは、とても良いことだと思います。

ぎっくり腰の場合、マッサージは、あくまでも治療というよりは予防と考えていただくのが良いでしょう。


このページの先頭へ