ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療に整骨院と整形外科のどちらを選ぶべきか

ある日突然ぎっくり腰になってしまったけど、整骨院と整形外科のどちらに行けば良いのかわからない。至極もっともな疑問ですが、結論から言えば、どちらへ行ってもかまいません。しいて言えば、近くにある、顔なじみの先生がいるなど、より気軽に通える環境を選ぶか、評判の良し悪しで判断するのが妥当なところです。ですが、近くに知り合いの先生がいなかったり、評判の良し悪しをどう判断すれば良いのかわからないという人も多いかと思います。そこで、整骨院と整形外科の違いを簡単にあげてみましょう。

整骨院とは、簡単に言えば投薬やレントゲン・外科手術などを行えない整形外科です。こう書くと整骨院に行く意味がなさそうに見えますが、裏を返せば、投薬や手術などによらない治療のプロフェッショナルともいえます。お薬は体に合わないという人もいるでしょうし、合わないとまでは言わずとも投薬やレントゲンを受けるのがなんとなく怖いという方は、整骨院を選ぶのが良いのではないでしょうか。

ただし、整骨院に通っているけどなかなか症状が改善しないという時は、整形外科で診察を受ける必要があるかもしれません。整骨院ではできない診察を受けられるという事もありますが、単純に医師を変えるという意味もあります。もっともこれは、整骨院の治療が整形外科に劣るという意味ではありません。人の体は一人一人違うので、有効な治療の仕方というのも個人差があるのです。なので、今の治療法が体質的に会わないと感じたなら、掲げている看板にこだわらず選択肢を広げてみるのが重要です。当然、整形外科の治療が体質に合わないと感じたなら整骨院を探してみるのも良いでしょう。なお、かかる医師を変えた際は、以前、あるいは現在どんな治療を受けているか報告しておいたほうが良いかと思います。現状の把握に繋がりますし、治療の内容によっては互いに悪影響を与えてしまうかもしれません。

ちなみに、注意しておきたい事としては、整骨院では慢性的な腰痛に関しては保険が降りません。ぎっくり腰ならば大体は腰の捻挫として保険が降りますので心配ないと思いますが、あくまでぎっくり腰は俗称であり、正確な病名ではありません。年がら年中腰が痛むのをぎっくり腰と思って整骨院に行くと保険が降りなかった、という事はありえますので、お気をつけください。


このページの先頭へ