ぎっくり腰

記事一覧

痛みが治まったらリハビリ開始!ぎっくり腰防止の秘密はコレだ!

ぎっくり腰というのは、いわゆる腰の捻挫です。筋肉が炎症を起こしている状態で、なったら最後、動けないほどの激しい痛みを伴います。痛みのひどい数日間は絶対安静が必要で、患部を冷やして血管を収縮し、痛みを軽減させることが第一です。この期間に無理をして動いたり、温湿布や入浴などで腰を温めてしまうと、痛みがひどくなったり、回復が遅れてしまいます。

しかし、一週間ほどして痛みが完全に治まったら、今度は固くなった筋肉をほぐすために、リハビリを行うことが大切です。一度痛めた筋肉は、疲労が溜まったり、無理な力が加わると、繰り返しぎっくり腰が起こってしまいます。ですから、予防も兼ねて、リハビリを行うことは大切なのです。そして、炎症が治まったこの時期には、逆に温めて血行を良くすることが効果的で、リハビリの効果を高めてくれます。では、具体的なリハビリの例を挙げてみましょう。

まず、自分で出来る簡単なリハビリ方法としては、ストレッチやウォーキングなどがあります。何より大切なのは、決して無理をしないことです。急に頑張るよりは、様子を見ながら少しずつ行ってください。少しでも腰痛を感じたらストップしましょう。これが数か月経って、いわゆる完治の状態になれば一安心です。引き続き、筋肉を鍛えるため、こうした運動を習慣付けたり、規則正しい生活習慣を心掛けたりといったリハビリを行い、再発を予防しましょう。

重いものを運んだり、長時間のデスクワークなど、腰に負担の掛かる仕事の場合は、出来るだけ負担の少ない姿勢や動作を心掛けることも大切ですし、少しでも腰痛を感じたら、ひどくならないうちに身体を休め、湿布などの処置で完全に治してしまいましょう。疲労が蓄積すると、ぎっくり腰の再発につながってしまいます。

また、整骨院でマッサージを受けたり、鍼灸院などに通うなどして、定期的に、専門家にメンテナンスをしてもらうのも良いでしょう。治ったからといって油断をしないで、普段から腰に負担を掛けない様心掛け、リハビリをすることで、つらいぎっくり腰を予防しましょう。

ぎっくり腰はツボ押しで予防出来る?腰の疲れにこの一押し

ぎっくり腰は大変につらいものです。動けないほどの激しい痛みに襲われるのですから、その痛みを少しでも和らげてくれる方法があれば、すがりたいものですね。しかし、残念ながら、痛みの激しい数日間は、とにかく安静にしていることが唯一の治療法で、冷湿布など冷やして血管を収縮させたり、鎮痛剤を飲んで痛みを軽減させることしか出来ません。それが回復への何よりの近道となります。

しかし、数日経って痛みが和らいできたら、ツボ押しで、無理せず腰痛を抑えるといった方法も効果的です。では、ぎっくり腰に効くツボとはいったい何処なのでしょうか。

痛みが激しい時には、ツボの刺激はあまり良くないため、基本的にはぎっくり腰のツボというよりは、腰痛のツボと同様のものがほとんどです。まずは手のツボです。「腰腿点」というツボで、手の甲を小指と薬指の間から手首に向かってなぞっていき、骨の盛り上がっている部分と、もうひとつは人差し指と中指の間から手首に向かってなぞり、骨に当たる部分です。そこを指でゆっくりと指圧しましょう。左右の手両方を行ってください。

次に「委中」というツボです。膝のお皿のちょうど後ろ側です。お皿の裏側真ん中を親指でマッサージするように指圧しましょう。この付近には、他にも腰痛のツボが集まっているので、全体にゆっくりと腰を揉み解すのも効果的だと思います。

ぎっくり腰は、腰の疲労が溜まって起こることが多いものです。ですから、疲れたなと思ったら、ぎっくり腰になる前に予防することも大切ですね。それには、「腎兪」というツボが効果的です。このツボは、おへその高さで腰に手を当てた時に親指が当たる箇所になります。ちょうど背骨の両脇ですね。このツボをそのまま親指で押して、痛みがなくなるまで指圧したり、この部分に温湿布やカイロを当てて、温めるのも効果的です。

ともかく、痛みの激しいうちは避けた方が良いですが、痛みが治まってきたら、リハビリと再発防止の意味で、これらのツボを指圧したり、温めたりすることで、普段から腰のケアをすることが大切なのです。

マッサージは治療じゃなくて予防!ぎっくり腰の正しい知識はコレ

ぎっくり腰の痛みというのは、かなり激しいものです。一瞬にして動けなくなってしまう程なのですから、その痛みのつらさがお分かりいただけることと思います。この激しい痛みは、2,3日続きますが、この間は、絶対安静にし、痛む部分を冷やすことが基本です。これが一番の治療法と言えます。この時期に無理に動いてしまったり、温湿布や入浴などで温めてしまいますと、痛みがひどくなったり、治りが遅くなったりしてしまうのです。

しかし、どうしても動かねばならない場合や、痛みに耐えかねた場合に、この痛みのひどい時期にマッサージを受ける方がいらっしゃいます。確かに一瞬痛みが和らぐといったケースもあるにはありますが、あまりおすすめ出来まないのが本当のところです。

ぎっくり腰というのはいわゆる腰の捻挫です。筋肉が炎症を起こしている状態なのです。炎症を起こしている筋肉をマッサージすることは、基本的にやってはならない禁止事項に入ります。炎症部分を悪化させ、痛みを増幅させる恐れがあるからです。

ましてや、ぎっくり腰の原因を特定しないまま、整体やマッサージを行うことは大変危険です。まずは、整形外科を受診し、レントゲンを撮って、骨や筋肉、内臓に異常がないかを診てもらいましょう。ぎっくり腰の原因を特定しないままマッサージを行うことで、腰の痛みどこか、他の病気まで悪化させてしまうことにもなりかねません。しかも、それを確認しないままマッサージを行う整骨院などは、信頼も出来ません。

しかし、数週間経って、ぎっくり腰が完治した場合には、リハビリや再発防止の意味で、マッサージに通うことは効果的です。一度痛めた筋肉は、疲労が溜まったり、無理をしたりすると、ふたたびぎっくり腰を繰り返すことがよくあります。数年間はアフターケアが必要なのです。普段から、腰に負担が掛かるような姿勢や動作を避けたり、心身ともにストレスのない生活習慣を心掛けることが大切ですし、それと併せて、定期的にマッサージに通い、筋肉の疲れを取ったり、血行を良くすることは、とても良いことだと思います。

ぎっくり腰の場合、マッサージは、あくまでも治療というよりは予防と考えていただくのが良いでしょう。

ぎっくり腰には整体でしょ?の誤った知識は捨てましょう!

ぎっくり腰になったら、まずは安静にして冷やすのが一番ですが、激痛が治まるまでには、2,3日は掛かります。動けないほどの激しい痛みなのですから、少しでも早く軽くしたいというのが、切実な気持ちだと思います。

そのため、ぎっくり腰で整体に行かれる人が多いのです。整体院では、骨盤や背骨などの各関節の歪みなどを整え、痛みを引き起こした箇所を正常な状態にするように調整します。もちろん適切な判断と技術が必要となります。重要なのは、整体に行ったからといって、必ず痛みが治まるわけでもなければ、逆にひどくなってしまったというケースも多々あるということです。

まず、ぎっくり腰の原因には、坐骨神経痛や椎間板ヘルニア、婦人科系の病気やその他の内臓疾患などの場合もあります。ですから、原因もわからないまま整体院で整体を受けるのは大変危険です。腰痛だけに留まらず、他の病気が悪化する可能性も有り得るので、まずは整形外科を受診し、レントゲンで正しい診断を受けてから行くことが大切です。そういった確認もしないで整体をしてしまう整体院ではなおさら信用出来ませんね。

また、他の病気ではなく、単に腰の筋肉の炎症が原因の場合でも、施術の技術によっては、さらに悪化させてしまうケースもあります。もともと炎症を起こしている箇所なのですから、基本的に手を施して治るというものではありません。あくまでも、原因となっている骨の歪みを整えることによって、その症状を軽減させるものなのです。

ですから、まずは原因を正しく診断することと、信頼のおける医師に整体を受けることが大切です。そうして正しい処置を受けた場合には、激痛が和らいだというケースも多くあるのが事実です。

しかし、整体を受けたからといって、すぐにぎっくり腰が治るというわけではありません。応急処置として痛みを取ることもやむを得ませんが、出来れば痛みの激しい数日間は安静にし、患部を冷やすことが一番です。そして、ある程度症状や痛みが治ってから、完治を早めたり、再発を防止する意味で整体を利用されることをおすすめいたします。

ぎっくり腰は、普段から腰に負担を掛けている人に起こりやすいものです。しかも、一度ぎっくり腰になると、元の状態に完全に戻るまでの数年は、再び起こりやすいものなのです。ですから、完治しても普段から腰に疲労を溜めないような姿勢や動作を心掛けることが大切ですし、それと同時に、定期的にメンテナンスをするために整体に通うことは、大変効果的だといえます。

一刻も早くなんとかならない?ぎっくり腰の効果的な治療法を教えて!

ぎっくり腰は、突然の激しい痛みと共にやってきますが、その多くが、何かの拍子に腰に急激な力が加わった場合に起こります。いわゆる腰の捻挫で、筋肉が炎症を起こした状態です。その炎症によって、激しい痛みを伴うのです。身体を動かすことも出来ないほどのつらい痛みですから、少しでも早く楽になりたいと思うのが当然のことだと思います。

このぎっくり腰の一番の治療法は、「絶対安静」と「冷やすこと」。これに限ります。ぎっくり腰になって2,3日は、本当に動けないほどの激痛があります。この時期には、自分が少しでも楽な姿勢でなるべく動かさないようにしましょう。そして、冷たい湿布や冷却jジェル、氷などで痛い部分を冷やしましょう。これは、血管を収縮させて痛みを軽減するためです。患部を温めて血行を良くすると、痛みが悪化してしまうので、くれぐれも温湿布や入浴は避けましょう。そして、出来るなら、一度整形外科を受診し、レントゲンで筋肉や骨、内臓に異常がないかを調べてもらうことも大切です。他の病気が要因となっている場合は、その後の治療も違ってくるからです。

ただ、こうした痛みの激しい時期に、どうしても動かねばならない場合は、一時的な応急処置として、整骨院などでマッサージを受け、痛みを軽減させるという手もあります。ただし、これで良くなったというわけではないことを理解しましょう。もちろんマッサージを受ける前に、他の病気に原因がないかを整形外科で診断してもらってからでなくてはなりませんし、炎症がひどく痛みが激しいうちはおすすめ出来ません。

この激痛の期間が過ぎても、一週間くらいは、まだ安静が必要です。痛みが残っている場合は湿布なども続けましょう。そうして様子を見ながら、数週間で痛みがぶり返さなければ完治ということになります。そうなったら、今度は整体院などでマッサージをしてもらったり、鍼灸院に通うなど、再発予防をすることも良いでしょう。一度靭帯が伸びた状態なので、どうしても元に戻るまでは再びぎっくり腰になる確率も高いのです。数年間はそうした治療も必要かもしれません。

また、こうしてどこかに通って治療するとまではしなくとも、日常的に腰に負担を掛けない姿勢や動作をするよう心掛けるようにしましょう。重い荷物を運ぶ仕事や、長時間のデスクワークなどの仕事の場合は、特に注意が必要です。腰に負担が掛かると、腰に疲労が蓄積し、腰痛や、果てにぎっくり腰の再発につながります。少しでも疲れたり痛んだりした時は、無理をせず休ませ、温湿布などで温めて血行を良くし、軽いうちに治してしまいましょう。そうすればぎっくり腰にまで至らずに済むはずです。

ぎっくり腰になった場合は、このように完治するまでも大切ですが、完治した後も、気長に気を付けることが、最善の治療法と言えるのです。

ぎっくり腰のつらい腰痛をなんとかしたい!効果的な治療はないの?

ぎっくり腰の痛みは、経験者ではないとその苦痛がわからないといわれるほどの激痛です。一般的な腰痛とは違い、何かの拍子に突然、動けなるほどの痛みに襲われるのです。では、その激しい腰痛は、どのように治療すれば良いのでしょう。

まず、2,3日はこの激しい腰痛が続きます。この期間は、とにかく動かさずに安静を保って、腰の痛む部分を冷やしましょう。冷湿布や冷却ジェルや氷などで、血管を収縮させ、痛みを軽減させます。普通の腰痛とは違い、温めて血行を良くすると、余計に痛みがひどくなってしまうので、温湿布や入浴は避けてください。

この激しい痛みが治まっても、一週間くらいはなるべく安静を心がけ、痛みが残っている場合は、引き続き湿布などの処置を続けましょう。この時期に無理をしてしまうと、また痛みがひどくなったり、完治が遅くなったりしてしまいます。

ただ、仕事などでどうしても無理をしなければならない時は、整骨院でマッサージなどの処置をしてもらい、一時的に痛みを軽減させる方法もあります。しかしその場合は、必ず整形外科などでレントゲンを撮ってもらい、他の病気が原因となっていないかを調べてからにしてください。間違った診断でマッサージなどの処置をしてしまうと、余計に悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。

一週間以上が経過し、痛みもなくなったら、整骨院のマッサージや、鍼灸院などに通い、完治に向けての治療や、完治後の再発を防ぐためのリハビリ治療を受けることも良いと思います。一度ぎっくり腰を起こすと、数年は繰り返し起こることが多いものなので、こうした治療に通って定期的にメンテナンスを行いましょう。

また、普段から腰に負担を掛けない様な姿勢や動作を心掛けるとか、心身ともにストレスが溜まらないような生活習慣を心掛けることも、腰痛や、さらにはぎっくり腰を起こさない治療につながることでしょう。

ぎっくり腰になってしまった!どんな病院に行ったら良いかを教えて!

何かの拍子に、腰に急に激しい痛みが襲うぎっくり腰。グキッとなったら最後、しばらくは動けないほどの激痛を伴います。いわゆる腰の捻挫で、筋肉に炎症が起きてしまっている状態です。基本的な治療としては、痛みの激しい数日間は、絶対安静にして患部を冷やすことです。しかしその際には、病院で湿布や鎮痛剤を処方してもらったり、整骨院でマッサージをしてもらうなど、痛みが軽減される処置をしてもらうことも多いと思います。では、ぎっくり腰になった場合、どんな病院へ行けば良いのでしょうか。

身体の痛みを診察してもらう時は、一般的に外科や整形外科ですね。しかし、痛みを治療するために通うのは、一般的に整骨院や鍼灸院になるのではないでしょうか。これは基本的にぎっくり腰の場合も同様です。

ぎっくり腰が引き起こされる原因としては、単に腰の筋肉の炎症だけとは限らず、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、婦人科系の病気、骨折や腫瘍など様々なものがあります。色々な病気の影響で腰が痛くなっている場合もあるのです。いきなり何かの拍子に痛くなったからと言って、全部が単に腰の捻挫だとは言い切れません。

そしてその状態によっては、対処の仕方も違ってきます。マッサージなどは逆効果で、ひどくなってしまう場合もありますし、単に鎮痛剤などで痛みを抑えても、治らない場合もあります。

ですから、まずはぎっくり腰の原因を、正しく診断してもらうことが大切です。それには、レントゲンを撮って、骨や内臓の異常を診てもらうことです。そのためには、整形外科に行くことが一番でしょう。そして、他の病気が隠されていないかを診断してもらい、単に腰の筋肉の炎症である場合には、湿布や鎮痛剤の処方などをしてもらいます。

そしてこの場合には、ある程度痛みが治まったら、リハビリと再発防止のために、整骨院でマッサージを受けたり、鍼灸院などに通うのも良いでしょう。一度痛めた筋肉は、数年間は腰痛が起きやすかったり、ぎっくり腰を繰り返すことが多いものです。定期的に病院に通ってメンテナンスをすることも大切です。

そして、もし他の病気が原因となっている場合には、さらに他の科を受診することになりますね。どちらにしろ、原因を正しく診断してもらうことによって、ぎっくり腰も、他の病気も、早期に適切な処置が出来るというわけです。

ですから、ぎっくり腰になったら、ただ痛いからと言って、いきなり整骨院などに行く前に、まずは整形外科に行くのが正解なのです。

ぎっくり腰にはどんな湿布が効果的?湿布選びで失敗しないために

何かの拍子に、激しい痛みが突然に襲うぎっくり腰。その痛みは動けないほどのつらいものです。2,3日は絶対安静で、湿布を貼って痛みをおさえるという処置が基本です。では、その湿布とは、どんなものを選べば良いのでしょうか。

まず、湿布を貼るのは、痛みを軽減させるという目的が第一です。それには、冷やして血管を収縮することが必要なので、冷湿布を貼ってください。湿布には、温める働きのある温湿布と、冷やす働きのある冷湿布がありますが、ぎっくり腰になった場合は、冷湿布を貼るのが適切で、温湿布は逆効果となります。

通常の腰痛の場合は、温湿布で温めて血行を良くし、痛みを和らげるという方法もありますが、ぎっくり腰の場合は逆効果です。ぎっくり腰というのは腰の捻挫で、炎症を起こしている状態ですから、温湿布や入浴などで温めてしまうと、痛みがひどくなってしまいます。冷やして痛みと炎症を取り除くことが大切なのです。ですから、湿布がない場合でも、とにかく氷や冷却ジェルなどで冷やすだけでも効果的です。

また、湿布には第一世代・第二世代といわれるものがあります。第一世代の中には、冷やして腫れや痛みを抑える冷湿布と、温めて血行を良くする温湿布の両方が含まれます。そして、第二世代といわれるものは、インドメタシンなどの消炎鎮痛剤が含まれていて、炎症を抑え、痛みを和らげる働きをしてくれますが、温湿布でも冷湿布でもありません。

ですから、ぎっくり腰になった場合の湿布としては、痛みの激しい数日間は、まず第一世代の冷湿布を貼って痛みを取り、少し治まったら、第二世代の湿布で痛みと炎症を抑えるといった使い分けが効果的でしょう。

正しく湿布薬を利用して、少しでも早くつらいぎっくり腰の痛みを軽減し、完治を早められると良いですね。

つらいぎっくり腰は早く治したい!効果的な治し方を教えて!

何かの拍子に刺されたような激痛が走るぎっくり腰。その痛みはかなり強烈なものです。数日間はその痛みが続くのですから、動けないですし、とてもつらいものですね。少しでも早く治したいと思うのは当然のことだと思います。しかし、残念なことにぎっくり腰というのは、そんなに簡単に治るものでもなければ、具体的な治療法があるわけでもないのです。

それでも、治りが早くなると言われる対処法はいくつかあります・まず第一には、数日間は動かさずに冷やすこと。これに限ります。動かさずとも痛いので、出来るだけ自分が楽な姿勢でじっとしていることが一番です。そして、痛みを和らげるのには、湿布や冷却ジェルなどで腰を冷やしてください。血管を収縮して、痛みを軽減させてくれます。これを痛みのひどい2,3日続けることで、後の治りが随分良くなるものです。この時期に無理をしてしまうと、完治までの期間が長引いたり、治っても再発してしまったりといったことになりかねません。くれぐれも気を付けましょう。

しかし、数日間動けないというのは、非常に困るものですね。ぎっくり腰は突然に起こってしまうものです。自分の予定に合わせて起こってくれるものではありません。どうしても行かねばならない大切な用事や、仕事などがある場合もあるでしょう。そんな時は、整体に行くことをおすすめ致します。もちろんぎっくり腰は腰の捻挫であり、筋肉が炎症を起こした状態です。整体に行ったからと行って、その炎症が急に治るわけではありません。しかし、一般的に、整体で処置をしてもらうと、痛みがかなり楽になることが多いのです。

あとは、病院で痛み止めの注射を打ってもらったり、鎮痛薬・鎮痛効果のある外用薬をもらうことです。これらもぎっくり腰自体を治すわけではありませんが、どうしても動かねばならない時の応急処置にはなるでしょう。もちろん病院へ行くのも一苦労だと思いますので、そういった場合は市販薬の鎮痛剤や冷湿布でも十分効果があります。

しかし基本的には、コルセットなどをして極力動かさない、湿布で冷やすというのが一番で、無理は禁物だということを覚えておいてください。一週間ほどして痛みが治まったら、整骨院のマッサージや鍼灸院などに通うのも、早い回復につながることがあります。もちろんこれも、無理のないようにすることが大切です。

そして、一か月ほどして完治したら、ストレッチや腰痛体操などをして、腰の筋肉をリハビリし、鍛えましょう。ぎっくり腰というのは、靭帯が伸びているうちは繰り返し起きやすいものです。数年は再発したり、腰痛が出てしまったりという場合が多いので、腹筋と背筋を鍛えるなどのトレーニングをすることをおすすめ致します。

また、普段から、腰に負担が掛からない姿勢を保つこと。ストレスを溜めず、健康的な生活習慣を心掛けることで、腰痛を引き起こしにくい状態にすることが大切なのです。

このページの先頭へ