ぎっくり腰

ぎっくり腰にはどんな湿布が効果的?湿布選びで失敗しないために

何かの拍子に、激しい痛みが突然に襲うぎっくり腰。その痛みは動けないほどのつらいものです。2,3日は絶対安静で、湿布を貼って痛みをおさえるという処置が基本です。では、その湿布とは、どんなものを選べば良いのでしょうか。

まず、湿布を貼るのは、痛みを軽減させるという目的が第一です。それには、冷やして血管を収縮することが必要なので、冷湿布を貼ってください。湿布には、温める働きのある温湿布と、冷やす働きのある冷湿布がありますが、ぎっくり腰になった場合は、冷湿布を貼るのが適切で、温湿布は逆効果となります。

通常の腰痛の場合は、温湿布で温めて血行を良くし、痛みを和らげるという方法もありますが、ぎっくり腰の場合は逆効果です。ぎっくり腰というのは腰の捻挫で、炎症を起こしている状態ですから、温湿布や入浴などで温めてしまうと、痛みがひどくなってしまいます。冷やして痛みと炎症を取り除くことが大切なのです。ですから、湿布がない場合でも、とにかく氷や冷却ジェルなどで冷やすだけでも効果的です。

また、湿布には第一世代・第二世代といわれるものがあります。第一世代の中には、冷やして腫れや痛みを抑える冷湿布と、温めて血行を良くする温湿布の両方が含まれます。そして、第二世代といわれるものは、インドメタシンなどの消炎鎮痛剤が含まれていて、炎症を抑え、痛みを和らげる働きをしてくれますが、温湿布でも冷湿布でもありません。

ですから、ぎっくり腰になった場合の湿布としては、痛みの激しい数日間は、まず第一世代の冷湿布を貼って痛みを取り、少し治まったら、第二世代の湿布で痛みと炎症を抑えるといった使い分けが効果的でしょう。

正しく湿布薬を利用して、少しでも早くつらいぎっくり腰の痛みを軽減し、完治を早められると良いですね。


このページの先頭へ